国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【アシックス】「ゲルレゾリューション8を買わない理由が見つからない。」

-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。

ウインザーラケットショップ池袋店スタッフの中居が独自の目線で話題の商品を紹介します。

テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。
-----------------------

「アシックス ゲルレゾリューション8を買わない理由が見つからない。」

トーマス・エンクビスト氏を知っている方はあまり多くはないかもしれませんが、アシックスシューズを語る上で大変重要なプレーヤーでした。

1990年代に活躍したスウェーデンの選手で、全豪オープン準優勝、シングルス最高ランキング4位の実績があり、錦織選手と丁度同じくらいの成績を収めています。

アシックスはこの当時、テニス選手との契約は少なくエンクビスト氏がアシックスの看板選手でした。

その時に発売したのが「ゲルエンクイスト」です。




「エンクビスト」ではなく「エンクイスト」だったのは、ヨーロッパの選手の呼び名をカタカナにしたときに発音の聞き取り方でよく起こるパターンです。

ボルグ→ボリー/エドバーグ→エドベリ/ワウリンカ→バブリンカ/ビランデル→ビランダー

などなど数え上げるときりが無いほどです。

「ゲルエンクイスト」は、190cmのエンクビストのフットワークに耐えるよう、幅はややタイトでソールも硬めで、アッパーもがっしりしたハードな作りのシューズでした。

今思うと、その後発売された「ゲルレゾリューション」の原型になったのではないでしょうか。

私も2007年に発売になったゲルレゾリューションに感銘を受けゲルレゾリューション7まで契約選手でもないのに、履き続けました。

挙げ句の果てには、ウエア、キャップ、ソックス、リストバンドまでアシックスで揃える徹底ぶりで、モンフィス選手に引けを取りません。

そんな自主契約選手にも、アシックスを履けなくなる事態が起こってしまいました。

ゲルレゾリューション7で足が痛くなってしまったのです。

10数年アシックスを履き続け、ソリューションスピードでも、オムニテレインでも快適に履けて、足に合わなかったことは一度もありませんでした。
ゲルレゾリューション7でプレーをした後に痛みがあっても、まったく疑うことなく履き続けました。

自分の足の骨格が変化していることに気が付かなかったことと、アシックスのシューズがすべて自分の足に合っていると誤認していたことが原因でした。
小指側の骨の部位が腫れてる状態で、内反小趾という症状です。

一度この症状になっていまうと、何を履いても痛みが出てしまい、幅広4Eのシューズしか履けなくなってしまいました。

その後は徐々に回復してきてはいましたが、シューズによっては同じ部位に痛みが出る状態でした。
それから数ヶ月経ち、アシックスの新作シューズ発表会に出席し、早稲田大学のコートにお邪魔することになりました。




================
>>オンラインショップ アシックステニスシューズページはこちらへ<<
================
ゲルレゾリューション8が発売となり、今までなら「早く履きたい」とワクワクして会場入りしたのですが、今回は痛くなったらどうしようという不安が先にたちました。

万が一痛くなったら、インソールをすぐに取り替えようと思ってシダスのインソールを準備して行きました。

シダスのインソールはアーチをサポートしてくれるので、足のサイドへの負担を軽減してくれるのです。

試履きの前に、アシックススタッフから商品説明を受けました。

新機能の「ダイナラップ(DYNAWRAP)」が気になりました。



シューレースを締めると同時に、親指側と小指側のパッドがホールド感を高める機能なのですが、自分にとっては小指側はそっとしておいて欲しい箇所なのです。

説明が終わり、質疑応答になった瞬間手を上げていました。

「ウインザーの中居と申します。ダイナラップについてなのですが、シューズ内側のパッドが締め付けることで小指側が痛くなることはないでしょうか」
完全に自分本意の質問をしてしまいました。

柔らかいパッドなので、痛くなることは無いとの解答をいただきました。

不安は少し和らぎましたが、テニスコートで実際にプレーしてみるまで安心はできません。
佐藤文平プロと綿貫陽介プロの指導の元、シューズの機能を味わうのですが、プロもシューズの機能を引き出すために、ギリギリ届くような球出しでスライドやクロスステップを指導してくださりハードなフットワークメニューとなりました。




約2時間プレーしたのですが、まったく痛みはありませんでした。

ゲルレゾリューション7はアッパーの素材を強固にしアウトサイドへの逃げを防いでいましたが、

ゲルレゾリューション8は、柔らかいアッパー素材に変更しダイナラップでサイドの補強・安定を図っていたので、小指側の痛みはまったくありませんでした。
特に小指側は痛みの箇所の手前を締めるため、逆に痛みのある部位はフリーになっている感覚がありました。足裏全体に隙間なくシューズ自体が吸い付いている感覚で、左右に振られてストップした時もシューズと足が一体化していてロスなく切り返すことができました。

綿貫陽介プロはこう言ってました。
「選手になって、両足首のサポーターは必ずしていましたが、アシックスを履くようになってから、サポーターは要らなくなりました。」

サポーターをしている選手のほとんどは、予防として付けているのですが綿貫陽介プロは不安が払拭されたことでサポーターを付けなくなったのでした。

今回はハードコートでしたので、オールコート用でプレーしましたが、いつもプレーしているのはオムニコートですので、ゲルレゾリューション8OCのソールが気になりました。



【ゲルレゾリューション8OC】


================
>>オンラインショップ アシックステニスシューズページはこちらへ<<
================
また、前作のゲルレゾリューション7 OCから、あの伝説のオムニテレインのソールパターンが一部採用されています。

ベテランテニスの上級者の間では、オムニテレインを履いていないと試合で勝てないと噂が立つほど、完璧なソールでした。

ドットパターンのソールなのですが、切り株が斜めになっており一歩目のスタートは切り株がコートに刺さり、スタートダッシュが決まり、最後の一歩は滑るように滑らかで、逆をつかれた時に踏ん張ると大きい3つの円形スタッドがコートを噛み、ストップできる優れものでした。




価格も据え置きで、買わない選択肢はもはやないと感じました。

これでまた自主契約選手としてプレーできそうです。



================
>>オンラインショップ アシックステニスシューズページはこちらへ<<
================

>>その他GEEK通信の記事はこちら<<




■関連ニュース

・チチパス勝利 ジョコ戦へ
・マレー 今年のカムバック賞
・右ひじ手術で全豪OP欠場

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年12月28日12時20分)

その他のニュース

5月24日

【告知】ルードvsツォンガ (15時34分)

【告知】土居美咲vsコルネ (13時03分)

大坂なおみ「まだ少し痛む」 (11時28分)

フリッツ 3時間半の初戦制す (10時32分)

ジョコ 西岡を賞賛「速い」 (8時47分)

ワウリンカ敗退「大きな失望」 (8時04分)

ジョコ 西岡にストレート勝ち (7時09分)

西岡 ジョコに善戦も初戦敗退 (6時00分)

ナダル 18年連続初戦突破 (5時09分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsジョコビッチ (3時55分)

5月23日

19歳が全仏女王破る金星 (23時55分)

シフィオンテクが29連勝 (21時16分)

大坂を撃破「タフな試合」 (20時36分)

大坂なおみ 全仏OP初戦敗退 (19時40分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsアニシモワ (18時05分)

アルカラス「本当に幸せだ」 (17時46分)

内山靖崇、森田あゆみが優勝 (11時40分)

「ナダルよりジョコと対戦」 (9時00分)

大坂、全仏初戦「違う試合に」 (8時00分)

ティーム「数ヶ月はかかる」 (6時57分)

アルカラス 快勝で初戦突破 (6時19分)

ズベレフ「スタートに満足」 (5時01分)

オジェ 逆転で全仏初2回戦へ (1時25分)

ディミ 94分で全仏初戦突破 (0時29分)

5月22日

優勝候補の一角ジャバー撃破 (23時41分)

ダニエル太郎、全仏初戦敗退 (23時03分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsバレール (21時15分)

ティーム 2年連続の初戦敗退 (21時09分)

ニューエラ「テニスコラボ」予約開始 (20時38分)

ナダルのファンが会場に殺到 (18時44分)

ノリー、クレー初Vで4勝目 (17時42分)

土居、全仏初戦「タフになる」 (16時47分)

西岡 ジョコ戦「正直厳しい」 (16時02分)

ルード2連覇「クレイジー」 (15時23分)

フェデラーがハミルトン訪問 (12時22分)

ダニエル太郎「調子が良い」 (11時00分)

ジョコ「感情目覚めさせる」 (9時57分)

ATPの方針に「本気か?」 (8時12分)

ジョコ「左利きは難しい」 (7時27分)

5月21日

チチパス 準V「残念だった」 (22時51分)

ジョコやナダルと「反対側」 (20時37分)

YouTubeラケットの選び方 後編 (20時01分)

大坂「最悪の選手」は避ける (18時31分)

ナダル CL決勝を現地観戦か (17時41分)

全仏女王「肘に問題あった」 (17時05分)

メド「5セットできる状態」 (16時34分)

28連勝で全仏「目標設定ない」 (15時52分)

ルード連覇に王手「楽しみ」 (15時03分)

ナダル「自身の可能性信じる」 (12時23分)

ATPは「殺人者側に立った」 (11時25分)

フェデラー 目標は2023年のWB (10時50分)

大坂、全仏へ「鎮痛剤飲む」 (9時14分)

穂積/二宮組、今季3勝目 (8時43分)

「今年のWBはポイント廃止」の方針 (8時17分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!