- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織と可能性あるペール辛勝

ブノワ・ペール
3回戦進出を果たしたブノワ・ペール
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は29日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク38位のB・ペール(フランス)が同43位のPH・エルベール(フランス)との同胞対決を6-2, 6-2, 5-7, 6-7 (6-8), 11-9のフルセットで制し、3回戦進出を果たした。

>>錦織vsジェレ 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

前週のリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)で今季2勝目をあげて今大会へ乗り込んでいるペールは、この日13本のダブルフォルトを犯したが、4時間33分におよぶ死闘を制した。

試合後の会見で、ペールは「素晴らしい。今日の彼(エルベール)との対戦は特別だった。なぜなら昨日も言ったけど、彼は親しい友人だから。人生で最も難しく、最も美しい試合の1つ。試合は6-2, 6-2, 3-1と進んだところで、彼が負傷した。自分は集中力を失っていった。サービング・フォー・マッチを迎えたけど、集中できなかった」と振り返った。

「負傷したという事実が彼をリラックスさせたように感じた。彼はどんどん攻撃的になり、自分を苦しめ始めた。サービング・フォー・マッチを何度も迎えて、最終的に取りきれず、難しい試合だった。でも心の中では、集中を続けていた」

「少し前は集中を維持できていなかった。ファイナルセットで1つブレークを先行された時、諦めかけていた。ファイナルセットでブレークを先にされ、ちょっと諦めかけていたかもしれないけど、集中を切らすことはなかった。言ったように、今日は最高の勝利。素晴らしいプレーをしたエルベールにも感謝したい。こんな瞬間を彼と共有できてうれしい」

「第3セットを失って不安定な状態になり、ただプレーをしていた。何が起きているか分からなかった。マッチポイントを握った時はボールを相手コートに入れようとしていた。最後のボールは、とにかく相手コートへボールを返した。あれは魔法のようだった。なぜなら5時間近くも戦い続けて、ボールがアウトになるのを見た。それはエルベールだろうと誰であろうと、あのボールがアウトになってうれしかった」

3回戦では、世界ランク57位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。カレノ=ブスタは2回戦で第21シードのA・デ ミノー(オーストラリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

ペールとカレノ=ブスタの勝者は4回戦で、第7シードの錦織圭と第31シードのL・ジェレ(セルビア)のどちらかと顔を合わせる組み合わせ。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ペール「錦織に勝ってごめん」
・錦織に脱帽の天敵ペール
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年5月30日7時46分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!