- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

快挙をあげた錦織圭が喜びの会見◇楽天ジャパン・オープン

男子テニスツアーの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード)は7日、シングルス決勝が行われ、第8シードの錦織圭(日本)が第6シードのM・ラオニチ(カナダ)に7-6 (7-5), 3-6, 6-0のフルセットで勝利、今大会がツアー公式戦となった1973年以降で日本人初の優勝となる快挙を成し遂げた。

優勝した錦織が、試合後インタビューに答えた。

今日の試合について「100点と言いたいですね。優勝できたことは本当に嬉しいです。相手も硬さと疲れがあったと思う。」

ツアー2勝目を飾ったことについては「信じられない部分もある。ツアー優勝を目標としていたので、信じられないくらい嬉しいですね。」

試合前のことについては「気持ちが空回りしないように、また決勝という舞台で嬉しさをこらえてなんとか冷静を保とうと思っていた。昨日、1時間くらいベッドにいて寝れなかった。悩んだり、気持ち的に難しいところもありました。でも、チャレンジャーとして臨むようには心掛けていた。1セット目取っても落ち着くように深呼吸したりしていた。」と、コメント。

第1セットの第2ゲームでブレークしたことについて錦織は「先にブレークしたけど、A・マレー(英国)の試合も見ていてもリターンを攻撃的に打ってきて前に出たり、リスクのあるプレーをしてくるのはわかっていた。危ない場面は必ずやってくると思ってました。でも、今日は最初のゲームをブレークしてリターンが冴えていると感じたので、前に入って打つようにしていた。それがファイナル(セット)で6−0という結果になったと思います。」

快挙を成し遂げたことについては「勝った瞬間は本当に信じられなかったです。この日本という舞台で気持ちが強くないのか、今までいいプレーができていなかったのは事実だった。けど、T・ベルディフ(チェコ共和国)戦から何か吹っ切れたような、すごくいい試合ができた。それをキッカケに昨日、今日もいい試合がしっかりができた。日本での優勝というのが、皆さんになにかを感じ取ってもらえたら嬉しいです。」

グランドスラムについては「今はハードコートが得意なので、全米オープンや全豪オープンでベスト8以上を狙っていきたい。(今回の)ATP500での優勝というのは自信になる。トッププレーヤーも倒したから、今後につながるいい大会だったと思う。」

デルレイビーチ国際テニス選手権以来となるツアー大会2度目の優勝については「初優勝したのが4年前。(その後)肘の怪我もありましたし、手術もした後なので、よく考えるとこの1勝というのは嬉しい。ずっと目標にしていたツアー優勝を成し遂げることができた。これからもっとATP500やマスターズで勝てるようにしたいですね。」

日本でプレーすることを以前と今回で比較したことについて錦織は「自信がついたことだと思います。ランキング的にも上がってきて、しっかりプレーも安定して、強い気持ちを持って臨めるようになった。今回、日本で初めてと言っていいほどベストのテニスができた。それが何よりも強くなっている証だと思います。」

また、錦織は「プレーが安定してきた。リスクを負わなくても、しっかりこのレベルで勝つテニスが身に付いてきたというのは感じる。もちろん攻撃的に試合を運んだり、精神的なところも強くなってきていると思います。」

さらに「でも、2009年の手術した時が1番きつかった。またテニスができるかという思いがその当時あった。ランキング100位にまた戻れるかなど、不安のまま過ごしていた。これからも体を鍛えて怪我のないテニスの生活を送れれば、もっとランキングも上がると思う。今はそれが課題です。」と、過去に怪我をしていた時のことも語った。

子供の頃、お父さんと有明コロシアムに遊びに来ていたことについて聞かれた錦織は「昨日も親と話していたんですけど、全く記憶がない。」と、会見場を笑いに誘った。

また「H・アラジ(モロッコ)のプレーだったり、N・ラペンティ(エクアドル)からサインをもらったりと親に言われて思い出す。的当てゲームをしていたと親は言うんですけど、全く覚えていない。でも、その頃の記憶が夢をつくっていたと思う。」と、錦織。

錦織は、今大会1回戦で同胞の添田豪(日本)、2回戦で元世界ランク5位のT・ロブレド(スペイン)、準々決勝では第2シードのベルディフ、準決勝では2006年全豪オープン準優勝者のM・バグダティス(キプロス)を破り決勝へ進出していた。

また、昨年の今大会覇者で第1シードのマレーは、錦織と決勝で対戦したラオニチに3-6, 7-6 (7-5), 6-7 (4-7)のフルセットで敗れていた。

《現場写真館はこちら(Facebookページに移動します)》

(2012年10月7日21時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

世界3位撃破で8強入り (12時49分)

22歳ポール ズベレフ破り8強 (12時36分)

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

【告知】ナダルvsキツマノビッチ (17時09分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!