- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

25歳を迎えたウズニアッキ地元の応援を力に◇ベル・チャレンジ

女子テニスツアーのベル・チャレンジ(カナダ/ケベックシティ、賞金総額22万ドル、ハード)は11日に、シングルス1回戦11試合が行われ、第4シードのA・ウズニアッキ(カナダ)E・ヴェスニナ(ロシア)を6-2, 4-6, 6-3で、第6シードのB・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ共和国)M・ペルティエ(カナダ)を7-6 (7-2), 6-1で下すなど、シード勢が順当な勝ち上がりを見せた。

地元の声援を受ける世界ランク42位のウズニアッキは同ランク81位のヴェスニナに、第1セットは1度ブレークを許したが、実に3度のブレークを奪いあっさりそのセットを先取する。

しかし第2セットでは、このセットだけで4本のダブルフォルトを犯すなどサーブのリズムを崩したウズニアッキが、ゲームカウント3−3からの第7ゲームでヴェスニナにブレークされてしまう。ゲームカウント5−4とリードしたヴェスニナは続く自身のサービング・フォー・ザ・セットをラブゲームでキープすると試合を振り出しに戻した。

勝敗を決める第3セットでは、序盤はサービスキープを続けた両者だったが、終盤で再び集中を増したウズニアッキが2度のブレークをヴェスニナから奪うと、1時間50分のフルセットで辛くも勝利を物にした。

先週25歳になったばかりのウズニアッキは、2009年6月に自己最高位の21位を記録したが、翌年に右手首を負傷しその後はランキングを下げていた。今季はここまで3回のツアー8強入りを果たすなど、年初107位だったランキングをトップ50まで戻していた。

「こうしてまたこの大会に出場出来て興奮している。自分と同じような攻撃的なテニスをする相手との対戦だった。良いポイントもたくさんあった。インドアの試合は、ポイントが短くなるし調整が難しい。チャンスがあるとウィナーを狙ったり色々なショットを混ぜたりしなければならなく簡単な試合じゃなかった。結局こうして2回戦へ進出出来て嬉しい。」とウズニアッキは試合を振り返っていた。

「地元のファンからの声援は力になる。その応援が集中を高めて、高いモチベーションを維持できて勝利に繋がった。」と地元ファンの力の大きさを実感していた。

第6シードで同ランク62位のザーロバ・ストリツォバは、第1セットは同ランク206位のペルティエと2度ずつのブレークを奪い合う接戦となり、その後タイブレークの末にペルティエから先取すると、第2セットはすっかりリズムを手にしたザーロバ・ストリツォバが3度のブレークに成功し、1時間42分のストレートでペルティエを退けた。

前年度チャンピオンのザーロバ・ストリツォバは「初戦はいつも難しいもの。第1セットは緊張してしまって、思うようなプレーが出来なかった。そんな中、こうして何とか勝利を物にする事が出来て良かった。」と勝利の喜びを感じていた。

去年の今大会の優勝が唯一のツアー優勝のザーロバ・ストリツォバは「こうして思い出のある大会に帰って来れて嬉しく思うわ。地元にいるような気分。この大会が大好きだから、こうして毎年出場しているの。」と、この大会への思いを語っていた。

2回戦でウズニアッキはM・ウダン(アメリカ)と、ザーロバ・ストリツォバはT・マレック(ドイツ)と対戦する。ウダンはこの日、I・ファルコーニ(アメリカ)を7-5, 7-6 (8-6)のストレートで下しての勝ち上がり。

その他、第7シードのP・マーティク(クロアチア)もラッキールーザーのJ・ペグラを6-4, 7-5で、第8シードのL・フラデカ(チェコ共和国)も予選を勝ち上がったM・サンチェスを6-4, 7-6 (7-5)と、いずれもストレートで下して2回戦へ駒を進めた。

同ランク76位のマーティクは、第1セットでは同ランク165位のペグラに1度もブレークポイントを握らせないプレーを見せ1度ブレークを奪い先取する。第2セットは両者1度ずつブレークを奪い合う接戦となったが、終盤で2度目のブレークを奪ったマーティクが1時間21分で勝利を収めた。

同ランク60位のフラデカは同ランク186位のサンチェスに、第1セットでは1度もブレークポイントを与えずそのセットを先取する。第2セットに入ってからサンチェスは4度のサービスエースを記録するなど調子を上げタイブレークへと持ち込んだ。しかし、地力に勝るフラデカがタイブレークも接戦の末でものにして初戦突破を果たした。

ダブルスでも好調なフラデカは、同胞のA・フラヴァコバ(チェコ共和国)とのペアーで今季開幕戦のオークランドでの優勝を飾ってから、今季ここまで3大会で優勝を飾り、加えてロンドンオリンピックで銀メダルを獲得し先に行われた全米オープンでも準優勝を飾るなど、上位4ペアーしか出場出来ないツアー最終戦へフラヴァコバとのペアーで初めて出場する事が決まっている。

マーティクはS・カラタンチェバ(ブルガリア)を7-5, 1-6, 6-1で倒したA・タチシュビリ(グルジア)と、フラデカはG・ミンとの18歳対決を6-4, 6-3で制した主催者推薦のE・ボウチャードと、それぞれ2回戦で対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

A・ウズニアッキ (4) ○-× E・ヴェスニナ, 6-2, 4-6, 6-3
B・ザーロバ・ストリツォバ (6) ○-× M・ペルティエ, 7-6 (7-2), 6-1
P・マーティク (7) ○-× J・ペグラ, 6-4, 7-5
L・フラデカ (8) ○-× M・サンチェス, 6-4, 7-6 (7-5)
L・デイビス(アメリカ) ○-× S・デュボワ(カナダ), 7-5, 6-3
M・ルチッチ(クロアチア) ○-× H・エル=タバク(カナダ), 6-4, 3-6, 7-6 (7-5)
K・ムラデノビッチ ○-× M・ブレングル(アメリカ), 6-4, 6-7 (6-8), 6-4
E・ボウチャード ○-× G・ミン, 6-4, 6-3
P・ランプレ ○-× M・ラシェール・ダ・ブリート, 6-2, 1-6, 6-3
M・ウダン ○-× I・ファルコーニ, 7-5, 7-6 (8-6)
A・タチシュビリ ○-× S・カラタンチェバ, 7-5, 1-6, 6-1

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年9月12日17時26分)

その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!