- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クレイステルス、最後となる大会への想い◇全米オープン

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は27日に開幕し、女子シングルス1回戦が行われ、センターコートであるアーサーアッシュ・スタジアムのナイトマッチに登場したのが、今大会を最後に引退を表明しているK・クレイステルス(ベルギー)。地元からの主催者推薦で今大会最年少の16歳V・デュバル(アメリカ)と対戦し、6-3, 6-1と危なげなく退けた。

デュバルのサービスゲームから始まったこの試合、第1ゲームでいきなりデュバルからブレークを奪ったクレイステルスだったが、第4ゲームでブレークバックされゲームカウント2−2となる。

その後両者サービスキープを続け、第7ゲームでクレイステルスは2度目のブレークに成功し、ゲームカウント5−3とリードする。続くデュヴァルのサービスゲームでは、ブレークポイントとなるセットポイントを握ったクレイステルスが、鮮やかなバックハンド・ウィナーを決め、セットを先取する。

第2セット、ゲームカウント1−1でクレイステルスが4ゲーム連取に成功し、ゲームカウント5−1とサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。

そのゲームで40−15とマッチポイントを握り、最後は強烈なサーブをセンターへ叩き込み、ゲームセット。51分の快勝で初戦突破を決めた。

クレイステルスは今大会で2005年、2009年、2010年といずれも優勝を飾っており、この日の勝利は22連勝目となる勝利だった。

16歳のデュバルはツアー本戦での初めての試合の対戦が、自身のテニス人生のスターであるクレイステルスとの対戦で「体が震えるほど緊張した」と大舞台での印象を語った。「想像していた以上。会場全体の雰囲気が信じられないものだった。本当に緊張していたけど、それを見せないようには上手く出来たと思う。彼女(クレイステルス)は私のアイドル。」と、試合中の興奮を語っていた。

一方のクレイステルスも「特別な大会だし、彼女(デュバル)と同じくらい緊張していたと思う。でもこうしてまたこの舞台へ立てて勝利を飾れた事はとてもハッピー。」と、最後の大会への気持ちの高さを語っていた。

「こうしてここで試合が出来た事も素晴らしい思い出。特に自分を慕ってくれている選手との対戦なんて。この2年間は全く悔いのないもの。家庭の事にも専念していたし。結婚もして娘も産まれた。精神的な部分ではいつも忙しかった。でも引退した後は、ずっと家庭の事でいっぱいになるはずね。」と引退した後の自身の生活にも触れていた。

クレイステルスは2回戦で、予選勝者のS・クローフォード(アメリカ)を6-3, 7-6 (8-6)で下したL・ロブソン(英国)と対戦する。

この日行なわれた1回戦の試合結果は以下の通り。

V・アザレンカ(ベラルーシ) (1) ○-× A・パノワ(ロシア), 6-0, 6-1
M・シャラポワ(ロシア) (3) ○-× M・シンク(ハンガリー), 6-2, 6-2
P・クヴィトバ(チェコ共和国) (5) ○-× P・エルコグ(スロベニア), 7-6 (8-6), 6-1
S・ストザー(オーストラリア) (7) ○-× P・マーティク(クロアチア), 6-1, 6-1
N・リー(中国) (9) ○-× H・ワトソン(英国), 6-2, 6-3
M・バルトリ(フランス) (11) ○-× J・ハンプトン(アメリカ), 6-3, 7-6 (7-5)
L・サファロバ(チェコ共和国) (15) ○-× M・ウダン(アメリカ), 6-4, 6-0
S・シルステア(ルーマニア) ○-× S・リシキ(ドイツ) (16), 4-6, 6-2, 6-2
A・パブリュチェンコワ(ロシア) (17) ○-× D・ハンチュコバ(スロバキア), 6-4, 7-6 (7-1)
Kristyna Pliskova ○-× J・ジョルジュ(ドイツ) (18), 7-6 (7-4), 6-1
N・ペトロワ(ロシア) (19) ○-× J・ガイドソバ(オーストラリア), 6-3, 7-6 (7-3)
K・クレイステルス (23) ○-× Victoria Duval, 6-3, 6-1
Y・ウィックマイヤー(ベルギー) (25) ○-× Julia Glushko, 7-5, 6-2
L・フラデカ(チェコ共和国) ○-× A・メディーナ=ガリゲス(スペイン) (27), 6-3, 6-3
鄭潔(中国) (28) ○-× V・ラッツァーノ(フランス), 4-6, 6-2, 0-0, 途中棄権
V・レプシェンコ(アメリカ) (31) ○-× M・ヨハンソン(フランス), 6-3, 3-6, 7-5
C・デラクア(オーストラリア) ○-× L・ツレンコ(ウクライナ), 6-2, 6-3
E・ガロビッツ(ルーマニア) ○-× S・ボーゲル(スイス), 7-5, 6-4
L・ロブソン ○-× S・クロフォード, 6-3, 7-6 (8-6)
An・ロディオノワ(オーストラリア) ○-× Julia Cohen, 6-3, 6-0
K・フリッペンス(ベルギー) ○-× B・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ共和国), 6-3, 3-6, 6-3
M・リバリコワ(スロバキア) ○-× 謝淑薇(台湾), 6-3, 2-6, 6-3
M・ミネッラ(ルクセンブルグ) ○-× O・ロゴウスカ(オーストラリア), 6-2, 3-6, 6-3
Mallory Burdette ○-× T・バシンスキー(スイス), 6-4, 6-3
A・コルネ(フランス) ○-× Nicole Gibbs, 7-5, 6-3
K・ラドノビ(フランス) ○-× M・イラコビッチ(ニュージーランド), 7-5, 6-4
A・タチシュビリ(グルジア) ○-× S・フォレッツ(フランス), 6-2, 6-0
S・ハレプ(ルーマニア) ○-× I・ベネソバ(チェコ共和国), 7-5, 7-6 (7-5)
A・ウズニアッキ(カナダ) ○-× A・カダントゥ(ルーマニア), 6-0, 6-3
R・オプランディ(イタリア) ○-× A・ペトコビッチ(ドイツ), 6-2, 7-5
L・ドミンゲス=リノ(スペイン) ○-× S・カラタンチェバ(ブルガリア), 6-4, 6-1
P・パルメンティエ(フランス) ○-× M・クライチェック(オランダ), 6-2, 6-4

(翻訳/弓削忠則)

(2012年8月28日15時23分)

その他のニュース

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!