- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ソデルリングが再びナダル破る◇ATPワールド・ツアー・ファイナルズ

男子テニスのツアー最終戦であるATPワールド・ツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)は23日、ラウンドロビン・グループBの試合が行われ、今大会初出場のR・ソデルリング(スウェーデン)が、第2シードのR・ナダル(スペイン)を6-4, 6-4のストレートで破り、ツアー最終戦での初勝利を飾った。

それまで無敗だったローラン・ギャロスでの敗戦の雪辱を果たすことができなかったナダルは「彼はこのサーフェスではビッグ・プレイヤーだ。だから難しいよ。悪いプレーではなかったけど、重要な時に冷静ではなかった。世界最高の選手達から勝利するのに必要な冷静さがね。」と2度目の敗戦を振り返った。

ラウンドロビン初戦を落としたナダルであるが、残りの2戦を全勝すれば準決勝に進出できる可能性はある。しかし、今大会の焦点でもあったR・フェデラー(スイス)との年度末ランキング1位を争う戦いからは、大きく後退したことは否めない。

「もし僕がナンバー1になれるかどうかについて話したくても、今はその時ではないと思う。今の僕のレベルはナンバー1になれるものではないと思うよ。僕のレベルは、他の選手達と同等に競えるように練習が必要だと思う。」と自らの状態についてナダルはコメントしている。

この日の試合でソデルリングは、両セットともに第10ゲームをブレークしてナダルに勝利を収めたが、第1セットでナダルはゲームカウントを5−5のタイしたと思い込んでいた。

第1セット第10ゲーム、自らのサービスゲームで40−30とゲームポイントを握ったナダルは、ファーストサーブでノータッチエースを取ったと思ったものの、非情にもフォルトの判定が下されてしまう。

冷静さを失ったナダルは、続くセカンドサーブは入れたもののフォアハンドをミスしデュースとすると、続く2ポイント連続でフォアハンドをミスしソデルリングにゲームとセットを献上してしまった。

試合後の会見でソデルリングは「最初の3ゲームの後、彼のプレーは良くなっていった。だけど自分のサーブも良かったし、彼のサービスゲームでチャンスが来ると思っていたんだ。必ずチャンスは来ると自分に言い続けていて、それを活かす事ができた。」と、試合中の心境について語った。

第1セットと同様に、第2セット序盤でもお互いにサービスブレークを交換しあう展開となった。そして第10ゲーム、ナダルは1本目のマッチポイントをソデルリングのミスでしのいだものの、2本目でバックハンドをミスしてしまいゲームセットとなった。

「良い時もあれば、悪い時もある。今は多分、僕にとってそういう時だと思う。ただ受け入れて、状況を良くするために頑張るだけだよ。」とナダル。

ナダルは全仏オープンで、初出場の2005年から負けなしの4連覇を達成し、今年は初めて第1シードとして同大会に臨むも、ソデルリングの前に4回戦で敗退していた。勢いに乗ったソデルリングは、そのまま決勝まで勝ち進む快進撃を見せていた。

その後ナダルは、膝の怪我の治療を理由にツアーを離脱、ディフェンディング・チャンピオンとして臨むはずだったウィンブルドンも欠場している。またUSオープン後には、腹筋痛のため今季2度目の休養を余儀なくされた。

「今季の後半は僕とって難しい時期だった。」とナダル。「だけど、ベストの状態に戻るために本当に厳しいトレーニングを続けているし、それほどベストレベルからは離れていないと思うよ。」

一方、A・ロディック(アメリカ)が怪我で欠場したため今大会の出場権を獲得していたソデルリングは「本当にバケーションのことは考えていなかったよ。今大会の補欠1番と知っていたからね。出場できると考えて準備をしていました。簡単なチャンスだったとは言いません。このチャンスのために、1年間を通して頑張っていたのですから。」と、ようやく掴んだチャンスへの思いを語った。

(2009年11月24日11時19分)
その他のニュース

8月18日

インカレ女子 単複4強が出揃う (20時48分)

ジョコ脱帽「世界のトップ」 (17時35分)

メドヴェデフ 3週連続決勝へ (16時05分)

全日本Jr 男子は藤原智也がV (16時00分)

全日本Jr女子、山口瑞希がV (15時17分)

ゴファン マスターズ初の決勝へ (14時22分)

インカレ 準決勝からライブ配信 (14時21分)

マレー 2週連続で単に臨む (13時48分)

錦織 練習再開、全米へ向け調整 (11時40分)

ジョコ逆転負けで2連覇ならず (9時01分)

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

8月16日

東レ 大坂ら出場選手決定 (20時33分)

全日本Jr女子 16日結果一覧 (19時28分)

全日本Jr 16日男子結果一覧 (19時15分)

フェデラー脱帽「完璧だった」 (18時18分)

大坂8強「うまくできた」 (13時39分)

西岡「最高のプレー出来た」 (13時20分)

ジョコビッチ 9度目の8強へ (12時59分)

大坂なおみ 熱戦制し8強進出 (7時29分)

フェデラー 3回戦敗退の波乱 (6時57分)

【1ポイント速報】大坂vsシュウェイ (6時56分)

西岡良仁 マスターズ初8強 (1時36分)

【1ポイント速報】西岡vsデ ミノー (1時27分)

8月15日

インカレ 15日結果一覧 (20時26分)

大坂 次戦シュウェイを警戒 (19時33分)

錦織らシード勢が初戦敗退 (13時02分)

西岡「錦織は日本のヒーロー」 (11時43分)

錦織圭 勝者の西岡良仁を称賛 (11時16分)

錦織破った西岡「緊張した」 (9時50分)

ズべレフ 5年連続の初戦敗退 (9時28分)

チチパス 死闘の末に初戦敗退 (9時17分)

ワウリンカ破りフェデラー戦へ (9時04分)

シャラポワ破り初戦突破 (9時04分)

錦織、体調不良「息苦しい」 (7時18分)

大坂なおみ 苦戦も初戦突破 (7時00分)

【1ポイント速報】大坂vsサスノビッチ (6時59分)

錦織 西岡にストレート負け (1時54分)

【1ポイント速報】錦織vs西岡 (1時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!