- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヘンマンが引退表明

(アメリカ、ニューヨーク)

長年に渡りイギリステニス界のエースとして日本にもファンが多いT・ヘンマン(英国)が、滞在先のニューヨークで23日引退を表明した。長引く怪我の状況に加え、第三子の誕生も控え、家庭生活を優先するとのこと。プロとしての最終戦は、来月ウィンブルドンで行われるデビス・カップとなる予定。

ヘンマンはキャリア通算で10個のタイトルを獲得したが、グランドスラムでは6回準決勝進出したにとどまった。
「グランドスラムで優勝しないで引退する人は五万といるわけで、僕もどうしたら皆に覚えていてもらえるかって、自分でもわからないね。でも、『あいつはいい選手だった、持てるものは全部出していた。』と言ってくれれば嬉しいかな。」と、長いプロ生活で“出来るだけのことはやった”と、悔いはないようだ。

ヘンマンがもっとも輝いたのは、やはり母国のウィンブルドンだった。1998年、1999年、2001年、2002年と4回準決勝へ進出。しかし地元ファンが渇望するチャンピオンと言う夢は果たせずにいた。
「ウィンブルドンで優勝することがテニス選手としての自分のゴールだった。優勝できなかったことはもちろん残念だ。でも、自分の実力を最大限に生かすことができたテニス人生であると、こうして最後に思うことができる。常に試合に臨むときは一生懸命練習をして、全力を尽くしてプレーしていた。それが僕ができたであろう最高のことだ。」

中でも2001年のG・イバニセビッチ(クロアチア)との準決勝が最も記憶に残る。試合の支配権はヘンマンにあるかに見えたが、雨による中断によりイバニセビッチが息を吹き返してしまった。もし、やり直せるならばと思う試合はと言う問いに、「もし状況を変えることができるのであれば、イバニセビッチとの試合で雨を降らせずに試合を続行したかったね。」と、ヘンマンは笑って答えた。

ヘンマンの自己最高世界ランキングは4位、8年間以上も20位内、うち5年間はトップ10内におり、名実ともにトップ選手と認められるに十分な成績を残した。しかし、ここ数年の怪我や、試合での苦戦が続いてランキングも現在92位にまで下がった状況から、この日の引退表明はそれほど驚かされるものではなかった。

「引退は時折脳裏によぎっていたこと。腰と膝の怪我のせいでいろんな支障が起き、テニス人生がかなり苦しいものになっていたのは事実。以前ほど楽しむことがきなくなっていた。」と、このところの怪我について語った。この夏のワシントンでの試合に復帰した時に、回復したと思っていたその腰の怪我が再発し、「怪我が悪化する中、たいした成績を上げられずにプロであり続けることに耐えられなくなった。」と、限界を感じざるを得なかったとのことだ。

地元ウィンブルドンでクロアチアを迎えて行われるデビスカップは、彼の最高の花道となるだろう。
「特に前から計画していたわけじゃないけど、デビスカップがウィンブルドンで行われるなら、それが一番いいと思ったんだ。オール・イングランド・クラブで行われるどの大会でプレーすることも、僕にとっては誇りに思えることなんだ。」と、ヘンマンは有終の美を地元で飾る決心をした。

(2007年8月24日8時17分)
その他のニュース

10月19日

珍事 猫がコート乱入で中断 (17時28分)

ダニエル太郎、綿貫陽介戦へ (17時07分)

【1ポイント速報】太郎vsマトセビッチ (17時06分)

19歳の綿貫陽介 海外CH初8強 (15時08分)

【告知】杉田vsバグダティス (12時54分)

2017年は男子テニスが一変 (12時27分)

MPしのいで大会初8強 (11時13分)

キリオス初戦敗退 逆転許す (8時51分)

トップ4シードが初戦敗退 (7時55分)

マクラクラン組 逆転勝ちで8強 (7時16分)

10月18日

【1ポイント速報】マクラクラン 複1回戦 (22時10分)

守屋宏紀 元世界8位に敗れる (20時58分)

カープ女子 二宮真琴が始球式 (19時28分)

西岡ら主催のイベントが開催 (18時03分)

ジョコ、ズベレフらとジムへ (17時11分)

第1シード ケルバー初戦敗退 (16時16分)

レック興発、西郷幸奈と契約 (16時02分)

伊藤竜馬 第1シードに敗れる (14時45分)

ナダル 膝の負傷でスイス欠場 (12時12分)

19歳ルブレフ 予選勝者に敗れる (12時00分)

ラケット破壊 ペール初戦敗退 (10時32分)

杉田祐一 2回戦は元世界8位 (8時38分)

キリオス 芝開幕戦に出場 (7時28分)

10月17日

シャラポワ 前週Vも初戦敗退 (23時15分)

杉田祐一 大会初の2回戦進出 (21時06分)

【1ポイント速報】杉田vsイストミン (21時05分)

19歳綿貫陽介 海外CH初勝利 (17時15分)

21歳以下最終戦 2人目が確定 (16時49分)

ダニエル太郎 快勝で初戦突破 (14時36分)

エース15本放ち逆転勝利 (12時39分)

ファイナルズ 出場枠残り4つ (10時59分)

怪我でシーズン終了を報告 (9時23分)

清水悠太ら 本戦ドロー発表 (7時59分)

10月16日

杉田37位 日本勢世界ランク (21時08分)

デルポ 3年ぶりTOP20返り咲き (18時00分)

シャラポワ 復帰後Vで50位台へ (17時04分)

綿貫陽介 サンティラン下し本戦 (15時40分)

3時間超えの逆転勝利でV (13時03分)

錦織15位に後退 世界ランク (11時14分)

約6年ぶりにツアー優勝 (10時34分)

ナダル アジアシーズンに満足 (8時43分)

王座女子 早稲田が12連覇達成 (7時27分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!