シナー 世界1位として初の決勝へ

ゲッティイメージズ
勝利したシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク42位のジャン・ジジェン(中国)を6-4, 7-6 (7-3)のストレートで下し、世界ランク1位として臨んだ最初の大会で決勝進出を果たした。

>>錦織 圭vsナヴォーネ 1ポイント速報<<

>>錦織 圭、フリッツら ロスシー国際組合せ<<

>>ダニエル 太郎、シェルトンら マヨルカ・チャンピオンシップス組合せ<<

22歳のシナーが同大会に出場するのは2年連続2度目。昨年は準々決勝で途中棄権し大会を去った。

シナーは6月10日付のATP世界ランキングで初の世界ランク1位の座に就いており、王者として迎える初の大会となった今大会は1回戦で同27位のT・フリークスポール(オランダ)、2回戦で同45位のF・マロジャン(ハンガリー)、準々決勝で同41位のJ・シュトルフ(ドイツ)を下し4強入りした。

迎えた準決勝は両者ともにファーストサービスのイン率が65パーセントを超え、ファーストサービス時のポイント獲得率で80パーセント以上を記録する質の高いサービスゲームを展開。シナーは第1セットの第9ゲームでこの試合の自身唯一のブレークポイントをものにし先行すると、第2セットでは第12ゲームで相手のセットポイントとなるブレークポイントをしのぎ、タイブレークの末に接戦を制した。

シナーが芝コートのツアー大会で決勝に進出するのは今回が初。男子プロテニス協会のATPは公式サイトにシナーのコメントを掲載している。

「とても意味のあることだ。決勝までの4試合はとても厳しい戦いだった。今日はいい試合だったね。昨日よりも間違いなくラリーが多かったし、それは今日僕に必要なことだった。うれしいし、明日がどうなるか楽しみだよ」

勝利したシナーは決勝で第5シードのH・フルカチュ(ポーランド)と対戦する。フルカチュは準決勝で第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)を下しての勝ち上がり。

シナーとフルカチュは今大会のダブルスにペアとして出場しており、決勝はダブルスのパートナー対決となった。なお、ダブルスは準々決勝で敗退している。

仮にシナーが今大会を制すると、世界ランク1位として臨む最初の大会で優勝する史上8人目の選手となる。


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・四大大会V経験者4名に主催者推薦
・大坂 なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場
・世界2位撃破「大変な試合だった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月23日10時03分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース
もっと見る(+5件)