3試合連続フルセット 苦しみながらも4強

ゲッティイメージズ
ベスト4進出を果たしたシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのテラ・ウォルトマンオープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は21日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのJ・シナー(イタリア)が世界ランク41位のJ・シュトルフ(ドイツ)を6-2, 6-7 (1-7), 7-6 (7-3)のフルセットで破り、ベスト4進出を果たした。

>>ガウフらエコトランス レディースOP組合せ<<

>>クイーンズクラブ組合せ<<

全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)終了後の世界ランク更新で自身初の1位となった22歳のシナー。今大会は1位として最初のツアー大会出場となり、1回戦で世界ランク27位のT・フリークスポール(オランダ)、2回戦で同45位のF・マロジャン(ハンガリー)をいずれもフルセットで下し8強へと駒を進めた。

準々決勝、シナーは2回戦で第6シードのS・チチパス(ギリシャ)をストレートで破ったシュトルフに苦戦する。この試合、第1セットこそ2度のブレークに成功し先行したが、第2セットでは4度のブレークチャンスをいずれも決め切れずタイブレークに入ると、突き放されてセットカウント1-1に追いつかれる。

ファイナルセットも7度のブレークチャンスを作りながら、いずれも凌がれる嫌な展開で再びタイブレークへ。しかし今度はシナーが振り切り、2時間30分の熱戦をものにした。

3試合連続のフルセットを制したシナーは準決勝で世界ランク42位のジャン・ジジェン(中国)と対戦する。ジャンは準々決勝で同44位のC・ユーバンクス(アメリカ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)と第5シードのH・フルカチュ(ポーランド)が勝利し4強入り。今大会のベスト4が出揃っている。


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・17歳の齋藤 咲良 ITF大会で優勝
・ウィンブルドン賞金 10年で2倍に
・大坂 なおみ 芝大会3週連続出場へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月22日10時01分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)