全仏OP3連覇の女王が記念撮影

ゲッティイメージズ
会場で記念撮影するシフィオンテク
画像提供:ゲッティイメージズ

8日に行われたテニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)女子シングルス決勝で第12シードのJ・パオリーニ(イタリア)を6-2, 6-1のストレートで破り、オープン化以降史上3人目の3連覇を達成して4度目の優勝を飾った第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)は翌9日に会場内で記念撮影を行った。

>>【動画】女王シフィオンテク 全仏OP3連覇達成の瞬間!<<

>>シフィオンテクが3連覇達成 全仏OP組合せ・結果<<

世界ランク1位で23歳のシフィオンテクが同大会に出場するのは6年連続6度目であり、2020年・2022年・2023年に優勝を飾っている。

今大会では1回戦で世界ランク148位のL・ジャンジャン(フランス)を下すと、2回戦では同134位の大坂なおみに対しマッチポイントを握られるところまで追い込まれたが、そこから逆転し7-6 (7-1), 1-6, 7-5のフルセットの激闘の末に勝利した。

その後は調子を一気に上げ、3回戦で世界ランク42位のM・ブズコバ(チェコ)、4回戦で同41位のA・ポタポヴァ、準々決勝で第5シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)、準決勝で第3シードのC・ガウフ(アメリカ)を下し決勝に駒を進めた。

迎えた決勝でもシフィオンテクは相手を圧倒。ファーストサービス時69パーセントの確率でポイントを獲得するとパオリーニのブレークを1度に抑える。リターンゲームでは5度のブレークに成功し、わずか3ゲームしか落とさず完勝で同大会3年連続4度目の優勝を決めた。また、四大大会では通算5つ目のタイトル獲得となった。

優勝から一夜明け、シフィオンテクは白のドレスに身を包み会場内での記念撮影に臨んだ。自身のSNSでは「Merci Paris.(ありがとう、パリ)。パリは私のお気に入りの場所であり、笑顔になり、たまには素敵な服を着る場所でもある」とつづった。

なお、オープン化以降で全仏オープンの女子シングルスで3連覇を達成するのはM・セレス(アメリカ)J・エナン(ベルギー)に次ぐ史上3人目の快挙となった。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・シフィオンテク 全仏OP3連覇で4度目V
・全仏V女王、大坂戦で「負けるところだった」
・3連覇シフィオンテク「本当に良い試合だった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月10日10時22分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)