チチパス、ツアー70度目の8強

ゲッティイメージズ
勝利したチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は28日にシングルス2回戦が行われ、第5シードのS・チチパス(ギリシャ)が予選勝者で世界ランク69位のF・コボリ(イタリア)を6-3, 7-6 (8-6)のストレートで下し3年連続3度目の準々決勝進出を果たすとともに、ツアー70回目の8強入りを達成した。

>>チチパス、ルーネらアカプルコ組合せ<<

25歳で同12位のチチパスが同大会に出場するのは3年連続3度目。2021年は準優勝、2022年は4強入りを果たしている。

今大会は1回戦で同39位のR・サフィウリンを下し2回戦に駒を進めた。

2回戦の第1セット、チチパスはファーストサービス時に83パーセントの確率でポイントを獲得しコボリにブレークを与えず、リターンゲームでは第4ゲームでブレークを奪い先行する。

第2セットは両者1度ずつブレークを奪い合いタイブレークにもつれるも、アンフォーストエラーを6本に抑えたチチパスが要所で安定したプレーをみせ、2時間で3年連続の準々決勝進出を決めた。

また、チチパスはこれがツアー70度目の8強入りとなった。

勝利したチチパスは準々決勝で第3シードのA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは同37位のS・オフナー(オーストリア)を下しての勝ち上がり。なお、チチパスはツアーレベルでデ ミノーに10戦負けなしとなっている。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・錦織 圭の新コーチ”ヨハンソン”とは
・29歳でツアー初V「奇跡だと思う」
・スポーツ界のアカデミー賞にジョコらテニス界から5名ノミネート

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年2月29日14時54分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)