オジェ撃破「自信があった」

ゲッティイメージズ
オジェ アリアシムとセルンドロ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は27日、シングルス3回戦が行われ、第25シードのF・セルンドロ(アルゼンチン)が第5シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)を6-2, 7-5のストレートで破り、2年連続2度目のベスト16進出を果たした。

>>アルカラス、メドベージェフら マイアミOP組合せ<<

>>サバレンカら マイアミOP女子組合せ<<

昨年大会ではG・モンフィス(フランス)F・ティアフォー(アメリカ)J・シナー(イタリア)らを撃破。準決勝でC・ルード(ノルウェー)に敗れたものの「ATPマスターズ1000」初出場で4強入りしている。

前週のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)ではシードのため初戦となった2回戦でJ・ソック(アメリカ)を下したものの、3回戦でオジェ アリアシムに5-7, 4-6のストレート負けを喫していた。

リベンジマッチとなったこの日の第1セット、セルンドロはファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得。第1ゲームでいきなりブレークに成功すると第5ゲームで2度目のブレークを奪い、先行する。

続く第2セットでは第5ゲームでブレークに成功。第8ゲームでブレークバックを許したものの、第11ゲームで再びブレークを奪う。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲーム、1度のブレークポイントを凌いだセルンドロが3度目のマッチポイントをものにし、1時間43分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにセルンドロのコメントを掲載し「マスターズ1000で、ここマイアミで再びベスト16に進出できて、とてもうれしいよ。昨年と同じようにプレーできていて、自分のレベルにも満足している。このまま続けていきたいね」と語った。

「勝利の鍵の1つは、彼のサーブをよく読んだこと。これまで彼と戦った試合よりも、ずっといいプレーができたと思う。今日は前回対戦よりも自信があったし、それがもう1つの鍵だったね。サーブも良かったし、ブレークポイントも1回しかなかった。レベルをとても高く保てたと思うから、すごくうれしいよ」

勝利したセルンドロは4回戦で第12シードのティアフォーと世界ランク59位のL・ソネゴ(イタリア)の勝者と対戦する。

同日には第2シードのS・チチパス(ギリシャ)、第14シードのK・ハチャノフ、世界ランク62位のA・マナリノ(フランス)、同79位のQ・アリス(フランス)が16強に駒を進めている。




■関連ニュース

・MS初出場で4強、約9年ぶり
・好調セルンドロがルブレフ撃破
・セルンドロ「本当にいい経験」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月28日9時20分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)