チリッチ、コロナ陽性でWB棄権

ゲッティイメージズ
マリン・チリッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで元世界ランク3位のM・チリッチ(クロアチア)は27日にSNSを更新し、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを報告。同日に開幕したウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を欠場することを明かした。

>>ジョコビッチらウィンブルドン男子 組合せ<<

>>土居、本玉らウィンブルドン女子 組合せ<<

インスタグラムを通してチリッチは、「やあみんな、COVID19(新型コロナウイルス)の陽性反応が出たことを伝えるのは悲しいよ。自己隔離を行い、準備万端であることを期待していたんだけど、残念ながらまだ体調が悪く、ベストの状態で競技を行うことができない。ウィンブルドンを欠場すること、そして僕のグラス・シーズンがこのような形で終わってしまうことを考えると、胸が張り裂けそうだ。来年、再び戦えることを楽しみにしている」とつづった。

33歳のチリッチは今季、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でベスト4進出を果たすと、前々週のシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)でもベスト4進出を果たしていた。

なお、ウィンブルドンを欠場するチリッチの代役には世界ランク123位のN・ボルジェス(ポルトガル)がラッキールーザーで本戦へ出場。ボルジェスは1回戦で世界ランク55位のM・マクドナルド(アメリカ)と対戦する。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/27(月)~7/10(日)
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・ジョコ「尊敬の念しかない」
・本玉 グランドスラム初勝利
・マレー 逆転勝ちでWB初戦突破

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年6月28日11時48分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)