ナダル、ワクチン接種に言及

ゲッティイメージズ
ラファエル・ナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は19日、男子シングルス2回戦が行われ、第6シードのR・ナダル(スペイン)が予選から出場した世界ランク126位のY・ハンフマン(ドイツ)を6-2,6-3,6-4のストレートで破り、6年連続16度目の3回戦進出を果たした。会見では試合内容を振り返り、ワクチン接種に関しても触れた。

>>ナダル、マレーら全豪OP組み合わせ<<

>>ダニエル 太郎vsマレー 1ポイント速報<<

この試合、ファーストサービスが入った時に76パーセントの確率でポイントを獲得したナダルは1度もブレークを許さず。リターンゲームでは4度のブレークに成功し、2時間42分で勝利した。

ナダルは試合後の会見で「勝利がうれしい。そのおかげで、これからも戦い続けていくことができる。毎日コートで過ごすたびに、より良いプレーができる可能性は高くなる。自分では、うまくいっていると思っている」と語った。

「改善できることは改善していかなければならない。この調子で大会に臨みたいと思う。でも、今日勝ったことで、明日また練習して、次の試合に備えることができる。挑戦していくつもりだよ」

また、新型コロナウイルスのワクチン接種に関しては次のように述べている。

「僕はそんなことを言える立場ではない。それについては十分に話した。僕たちは2年間、とても厳しい環境で過ごしてきた。もし全員がワクチンを接種していれば、ツアー中の生活、そして何よりツアー以外の生活も向上させることができる。もちろん、この世界で命を救うために役立つ、より安全な健康対策を常にサポートしていくつもりだよ」

2009年以来13年ぶり2度目の優勝を狙うナダルは3回戦で、第28シードのK・ハチャノフ(ロシア)と世界ランク63位のB・ボンズィ(フランス)のどちらかと対戦する。

同日には第7シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第14シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第23シードのR・オペルカ(アメリカ)、第25シードのL・ソネゴ(イタリア)らが3回戦へ駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ナダル 快勝で16度目の3回戦へ
・ナダル「これ以上話したくない」
・完勝ナダル 全豪OP単70勝達成

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月19日18時47分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)