ナダル 3年ぶりの8強に進出

ゲッティイメージズ
ベスト8進出を果たしたナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は26日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク50位のM・キツマノビッチ(セルビア)を6-2, 7-5のストレートで破り、2017年以来3年ぶり4度目のベスト8進出を果たした。

【YouTube】錦織との衝撃的な出会い【添田】が秘話を明かす。父になってからテニスに対する変化とは

【YouTube】ジョコビッチとの戦いにかけた想い 【添田】が日本選手の苦悩を激白、ラケットバッグ公開

この試合、ナダルは強烈なフォアハンドのダウンザラインを放つなどで3度のブレークに成功し第1セットを先取。第2セットでも第8・12ゲームでブレークし、キツマノビッチとの初対戦を勝利で終えた。試合時間は1時間35分。

レッドクレーで行われた2013年以来7年ぶり3度目の優勝を狙う33歳のナダルは、準々決勝で世界ランク76位のクォン・スンウ(韓国)と対戦する。22歳のクォンは2回戦で第8シードのD・ラヨビッチ(セルビア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第5シードのJ・イズナー(アメリカ)、第7シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)らが8強へ駒を進めたものの、第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)は姿を消している。

敗れた20歳のキツマノビッチは大会初のベスト8入りとはならなかった。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本 vs エクアドル」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”こと男子テニス国別対抗戦デビスカップをWOWOWで放送。11月にスペイン・マドリードで開催されるファイナルズ出場権を懸けて行なわれる、日本とエクアドルの予選ラウンドの模様をお届けする。

【放送予定】
3月6日(金)、7日(土)連日生中継


■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ナダル 西岡 良仁を称賛
・ナダル棄権「受け入れるだけ」
・ナダル、ボール直撃でお詫び

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2020年2月27日15時48分)
その他のニュース