キャリア7度目Vへ王手

ゲッティイメージズ
ウィンブルドンのコルネ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのレディース・オープン・ローザンヌ(スイス/ローザンヌ、レッドクレー、インターナショナル)は20日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・コルネ(フランス)が世界ランク142位のT・コルパッチ(ドイツ)を6-3, 6-4のストレートで下し、決勝進出を果たした。

元世界ランク11位のコルネは、ファーストサービスの確率を63パーセントとし、ポイント獲得率を59パーセントとする。コルパッチのサービスゲームを7度ブレークし、1時間45分で試合を決めて7度目のキャリアタイトルまであと1勝とした。

女子プロテニス協会のWTAは公式サイトで、コルネのコメントが掲載されており「身体的にとても厳しい試合だった。彼女(コルパッチ)はさまざまの球種の球を打ってきて、多くの高い軌道を使ってきた。また、よく走ってよく守っていたから、私が試合全体を通してコントロールし常に攻撃的にいかなければならなった」と試合を振り返った。

「この暑さの中では簡単な試合じゃなかった。でも2セットで終わらせることができて、またここスイスの決勝に再び進むことができてとてもうれしい」

決勝では、世界ランク98位のF・フェロ(スペイン)と優勝をかけて対戦する。フェロは準決勝で、同85位のB・ペラ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・コートでの着替え 警告も謝罪
・大坂 なおみ「自分が幸運」
・大坂の元コーチ バイン氏語る

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月21日14時35分)
その他のニュース