昨年覇者が棄権 19歳が初8強

女子テニスのクープ・バンク・ナショナル(カナダ/ケベックシティ、カーペット、WTAインターナショナル)は13日、シングルス1回戦で、予選勝者のC・ドルハイド(アメリカ)と対戦する予定だった昨年覇者で第2シードのO・ドダン(フランス)は体調不良により棄権した。

>>奈良vsチャン 1ポイント速報<<

>>ジャパンウィメンズOP 対戦表<<

昨年のクープ・バンク・ナショナルでキャリア初優勝を果たしたドダンは、今大会の1回戦で予選勝者のG・ダブロウスキ(カナダ)を逆転で下して2回戦へ駒を進めていた。

一方、思わぬ形でツアー初の8強入りとなった19歳のドルハイドは、準々決勝で第7シードのA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)M・イラコビッチ(ニュージーランド)の勝者と対戦する。

同日に行われた2回戦では、第3シードのT・バボス(ハンガリー)、第4シードのT・マリア(ドイツ)が順当にベスト8進出を決めた。






■関連ニュース■ 

・昨年覇者 苦戦も初戦突破
・完勝で4年ぶりVへ好発進
・決勝で親友対決「特別な瞬間」

(2017年9月14日8時58分)
その他のニュース