国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

握手待つ相手に「理解できない」

エリーナ・スイトリナ、アリナ・サバレンカ
(左から)スイトリナとサバレンカ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日、女子シングルス準々決勝が行われ、元世界ランク3位のE・スイトリナ(ウクライナ)は第2シードのA・サバレンカに4-6, 4-6のストレートで敗れ、大会初のベスト4進出を逃した。試合後の会見で、試合終了後に握手をするためネットに駆け寄ったサバレンカについてコメントした。

>>【動画】スイトリナ、ネットで待つサバレンカと握手せず<<

>>加藤 未唯、全仏OP混合複の準決勝 1ポイント速報<<

昨年10月にG・モンフィス(フランス)との間に第一子を出産していたスイトリナは、同年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来 約1年4ヵ月ぶりの四大大会出場。準々決勝では第9シードのD・カサトキナをストレートで破り8強へ駒を進めていた。

準々決勝の第1セット、両者相手にブレークポイントを与えない質の高いプレーを見せていたものの、終盤の第9ゲームで訪れた唯一のブレークポイントをものにされ、スイトリナは先行される。

続く第2セット、スイトリナは第2ゲームで先にブレークを果たしたものの、第3ゲームから4ゲームを連取される。その後はブレークのチャンスを奪えず、1時間36分で大会初の4強進出とはならなかった。

試合終了後、サバレンカがネットに歩み寄りスイトリナを待ったものの、ウクライナ国籍のスイトリナは以前から自身の置かれている立場を理由にロシアとベラルーシ国籍の選手とは握手を行わないと明言していたため握手を交わすことなくコートを後にした。一部の観客からは握手を拒否したことにブーイングも起きた。

試合後の記者会見でスイトリナは「最初の反応は“何をやっているの”という感じだったわ。というのも、私は記者会見で明確に自分の(ロシア・ベラルーシ国籍の選手と握手をしないという)立場を発言してきたからね。だから、理解できなかった」とコメント。

「大会期間中はSNSをやっていないのかもしれないけど、かなり明確だわ。私は握手はしないと何度も発言している。彼女(サバレンカ)も1回戦でM・コスチュク(ウクライナ)を相手に明らかに同じように対応をした。だから、とてもシンプルなことよ」

また、握手が行われないことに対してブーイングが起きることについて「まあ、確かに(ブーイングがないことが)理想的なことだと思う。そのことは、以前から考えていた。このこと(握手しないこと)を伝えておけば、みんなにとってより簡単になると思うわ」と明かしている。

なお、勝利したサバレンカは準決勝で世界ランク43位のK・ムチョバ(チェコ)と対戦する。ムチョバは準々決勝で世界ランク333位のA・パブリュチェンコワを7-5, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・会見欠席「大坂 なおみは罰金なのに」
・世界2位「ルカシェンコ支持しない」
・「失格は不当」プロテニス選手協会が声明

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年6月7日16時54分)

その他のニュース

2月29日

【速報中】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!