- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

森上、中村ら女子単16強が激突◇全日本テニス4日目

(日本、東京)

第82回ニッケ全日本テニス選手権は14日、大会4日目の試合を行い、第1シードの中村藍子(日本)、第2シードの森上亜希子(日本)ら女子シングルスベスト16が登場し、準々決勝進出をかけて対戦する。

2004年、2006年に準優勝している中村は、初優勝に向けて3回戦では第13シードの瀬間詠里花(日本)と対戦。同じく初優勝を狙う森上は、2回戦で第16シードの岡田上千晶(日本)を破った高岸知代(日本)と顔を合わせる。

また、昨年覇者で第5シードの高雄恵利加(日本)を下した注目の奈良くるみ(日本)は、一昨年に準優勝、昨年は4強に進んでいる第11シードの米村知子(日本)に挑む。

2005年に優勝している第3シードの森田あゆみ(日本)は、国際ツアー経験豊富で2001年に同大会を制している第15シードの藤原里華(日本)の胸を借りる。

その他の試合では、第4シードの波形純理(日本)が第14シードの手塚玲美(日本)と、第6シードの瀬間友里加(日本)が第14シードの田中真梨(日本)と、第7シードの久松志保(日本)が第10シードの浜村夏美(日本)と、1998年準優勝で第8シードの岡本聖子(日本)が第9シードの飯島久美子(日本)と、それぞれベスト8入りをかけて対戦する。

男子シングルスでは、2回戦の残り8試合を実施。1996−97年に2連覇している第1シードの鈴木貴男(日本)が、今季インカレ・チャンピオンの吉備雄也(日本)の挑戦を受ける。2005年準優勝で第2シードの添田豪(日本)福田勝志(日本)と対戦する。

高校総体2連覇した注目の新鋭、片山翔(日本)は第15シードの井藤祐一(日本)と対戦。昨年インカレ覇者の佐藤文平(日本)は、第8シードの伊藤竜馬(日本)と対戦する。

その他の試合では、第7シードの茶圓鉄也(日本)が予選上がりの森田武比古(日本)と、第11シードの權伍喜(韓国)がこちらも予選上がりの宮尾祥慈(日本)と対戦。第12シードの杉山記一(日本)近藤大生(日本)と、昨年ベスト4で第16シードの岩見亮(日本)は早稲田大学の小山慶大と顔を合わせる。

女子ダブルスでは、北京五輪出場をにらむ第1シードの中村藍子/森上亜希子組が川床萌/富山愛の大学生コンビと、第2シードの飯島久美子/岡本聖子が井上摩衣子/山本麻友美(日本)組と対戦する。

第3シードの波形純理/藤原里華組は、早稲田大学ペアの井上明里(日本)/宮村美紀(日本)組を迎え撃つ。第4シードの浜村夏美/前川綾香(日本)組は、こちらも大学生ペアの青山修子/大西香(日本)組と対戦する。

このほか、今季海外サーキット大会を制した第6シードの瀬間詠里花/瀬間友里加組、ウィンブルドンジュニア準優勝の土居美咲(日本)/奈良くるみ組も登場する。

男子ダブルスでは、昨年覇者で第2シードの石井弥起(日本)/近藤大生組、第3シードの寺地貴弘(日本)/本村剛一(日本)組、2005年覇者で第5シードの岩渕聡(日本)/松井俊英(日本)組、1回戦で第1シードを破った岩見亮/添田豪組が2回戦を行う。

(2007年11月14日8時04分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!