11連敗阻止「1つ返せてうれしい」

ゲッティイメージズ
4強入りしたデ ミノー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は2月29日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのA・デ ミノー(オーストラリア)が第5シードのS・チチパス(ギリシャ)を1-6,6-3,6-3の逆転で破り、2年連続のベスト4進出を果たした。試合後、デ ミノーは過去10戦全敗を喫していたチチパスに対し勝利したことに「1つ返せてうれしい」と語った。

>>ルーネ、デ ミノーらアカプルコ組合せ<<

ツアーでは11度目の顔合わせで、チチパスの10勝0敗と負けなしで迎えたこの一戦。直近では昨年8月のミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)決勝で対戦しており、そのときはチチパスがストレート勝ちをおさめ優勝を飾った。

昨年王者として今大会に出場している世界ランク9位デ ミノーは1回戦で同64位のダニエル太郎、2回戦で同37位のS・オフナー(オーストリア)をそれぞれストレートで下し8強入りした。

準々決勝、デ ミノーは第1セットの第1ゲームで幸先良くブレークに成功したものの、第2ゲームでブレークバックを許すと、その後5ゲーム連取を許し先行される。

流れを変えたいデ ミノーは第2セット、第2ゲームで先にブレークするも再び直後のゲームをキープできず。それでも1度ずつブレークを奪い迎えた第6ゲームでデ ミノーが3度目のブレークに成功。第9ゲームのサービング・フォー・ザ・セットで4度目のセットポイントをものにしセットカウント1-1に追いつっく。

ファイナルセット、主導権を握ったデ ミノーは第5ゲームでブレークを奪うと、第9ゲームでマッチポイントとなるブレークポイントを制し、2時間9分で逆転勝ちをおさめるとともにチチパスに対してツアー11戦目にして初勝利をあげた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにデ ミノーのコメントを掲載し「彼と対戦するたびに自分の対戦成績を思い出す。対戦成績に1つ勝ち星が載ったのはうれしい。11回連続で僕に勝つ人はいないよ、と言いたいところだけど...。1つ返せてうれしいね」と述べた。

「僕の置かれているランキングでは特に毎週多くの動きが起こるだろうということは分かっている。今週ここでタイトルを防衛できなくてもインディアンウェルズとマイアミ、そしてクレーシーズンでポイントを積み重ね、ランキングを上げられることを期待している」

勝利したデ ミノーは準決勝では世界ランク50位のJ・ドレイパー(イギリス)と対戦する。ドレイパーは準々決勝で同53位のM・キツマノビッチ(セルビア)を6-2, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのH・ルーネ(デンマーク)と第6シードのC・ルード(ノルウェー)が4強に駒を進めた。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・錦織 マイアミOP出場を発表
・11度目の正直 デミノーがチチパス撃破
・あわや大惨事 ベンチに激突し向こう側へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年3月1日22時46分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)