19歳ゼン 元女王ハレプ撃破

ゲッティイメージズ
キンウェン・ゼン
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は24日、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク74位のキンウェン・ゼン(中国)が第19シードのS・ハレプ(ルーマニア)を2-6, 6-2, 6-1の逆転で破り、初の3回戦進出を果たした。

>>全仏OP男子組合せ・結果<<

>>全仏OP女子組合せ・結果<<

19歳のゼンは今大会が初出場で、1回戦では世界ランク62位のM・ザネブスカ(ベルギー)を6-3, 6-1のストレートで下しての勝ち上がり。一方、2018年に同大会を制覇している元世界ランク1位のハレプは1回戦で同165位のN・シュンク(ドイツ)を6-4, 1-6, 6-1のフルセットで下し、2年ぶりの出場で初戦突破を決めた。

両者は1月のメルボルン・サマー・セット1(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA250)の準決勝でも対戦。この時は6-3, 6-2のストレートでハレプが勝利していた。

2度目の顔合わせとなったこの日は序盤、第1ゲームからハレプがブレークに成功すると、第7ゲームでもブレークを奪って第1セットを先行する。

続く第2セットでも最初にブレークを奪ったハレプだったが、直後の第4ゲームにゼンがブレークバック。その後2度のブレークから5ゲームを連取して1セットオールとする。

ファイナルセット、勢いに乗ったゼンは序盤に3ゲームを連取すると、終盤にも3ゲームを連取。1時間56分で同一戦を制した。

女子テニス協会のWTAは試合後のゼンのコメントを公式サイトに掲載。次のように試合を振り返っている。

「とてもいい気分だわ。私にとって2度目のグランドスラムなので、コートに立つすべてのチャンスを楽しんでいる。いつも通り自分のベストを尽くすようにしているし、今日のプレーはとてもよかったと思う」

「メルボルンでの試合(前回対戦)では、彼女が非常に安定した選手であることを学んだし、あの時はコート上であまり我慢ができなかった。今回は、もっと我慢して、ラリーで勝てるチャンスを見つけようと思っていた。だから、今日はコート上で自分の力を発揮できてよかったし、それが勝利につながったの」

勝利したゼンは3回戦で世界ランク40位のA・コルネ(フランス)と対戦する。コルネは2回戦で第13シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)を6-0, 1-6, 6-3のフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)、第3シードのP・バドサ(スペイン)、第7シードのA・サバレンカらが3回戦へ駒を進めている。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)~6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信


■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・ジョコ 西岡を賞賛「速い」
・大坂 なおみ「まだ少し痛む」
・ナダル「自信を持ち全力で」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年5月27日8時42分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)