ダニエル「さすがトップ10」

ゲッティイメージズ
(左から)ダニエル太郎とヤニック・シナー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は22日、男子シングルス3回戦が行われ、世界ランク120位のダニエル太郎は第11シードのJ・シナー(イタリア)に4-6, 6-1, 3-6, 1-6で敗れ、四大大会初のベスト16進出とはならなかった。試合後には「崩せるパターンが見いだせなかったのが、さすがトップ10という感じでした」と振り返った。

>>ナダルvsマナリノ 1ポイント速報<<

>>全豪OP男女組み合わせ<<

2回戦で元世界1位のA・マレー(イギリス)にストレート勝ちを収めたダニエルはこの試合、11本のサービスエースを決めるも8度のダブルフォルトを犯す。終盤ではウィナー58本を決めたシナーの強烈なショットに苦しみ2時間41分で力尽きた。

ダニエルは試合後の会見で「かなり疲れたけど、よかったです。今日も素晴らしい試合だったと思いますし、とても接戦でした。第4セットでは僕は疲れが出てしまったが、彼(シナー)は本当にレベルを上げていました。あのセットで圧倒的でしたね。それでも、トップ10プレーヤーと戦うことができましたし、ここオーストラリアでの2週間は本当によかったと思います。この調子で、今後の大会に臨みたいです」と語った。

「マレーの時にやったことが、たまに効いたり効かなかったりで、マレーの時に効いていたものがシナーの時には効かなかったていう感じです。動きがシナーの方がよかったです。自分が足りない部分もあるでしょうし、彼のリターンもよかったです。そこら辺もまた修正していきたいと思います」

勝利したシナーは4回戦で第32シードのA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは3回戦で世界ランク83位のP・アンドゥハル(スペイン)を6-4, 6-4, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)、第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)らが16強に駒を進めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ダニエル太郎は「弱点ない」
・ダニエル「良いプレーできた」
・ダニエル太郎 マレー撃破

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月22日20時38分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)