プリスコバ 最終戦出場権を獲得

ゲッティイメージズ
全米オープンでのプリスコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子プロテニス協会のWTA公式サイトは16日、世界ランク2位のKa・プリスコバ(チェコ)が最終戦のWTAファイナルズ・深セン(中国、室内ハード)への出場権を獲得したと発表した。

>>大坂ら東レ対戦表<<

>>大坂vsトモワ 1ポイント速報<<

プリスコバは前週まで行われていた鄭州オープン(中国/鄭州、ハード、WTAプレミア)で優勝を飾り、4年連続4度目の出場を確定させた。

また、今年のWTAファイナルズへの出場が確定したのは世界ランク1位のA・バーティ(オーストラリア)に続き2人目となっている。

9月16日付の最終戦出場ランキングトップ15は以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数

1位[ - ]:A・バーティ 5,476ポイント

2位[ ↑1 ]:Ka・プリスコバ 5,256ポイント

3位[ ↓1 ]:S・ハレプ(ルーマニア) 4,792ポイント

4位[ - ]:B・アンドレースク(カナダ) 4,727ポイント

5位[ - ]:S・ウィリアムズ(アメリカ) 3,935ポイント

6位[ - ]:P・クヴィトバ(チェコ) 3,836ポイント

7位[ - ]:大坂なおみ 3,776ポイント

8位[ - ]:B・ベンチッチ(スイス) 3,615ポイント

9位[ - ]:K・ベルテンス(オランダ) 3,580ポイント

10位[ - ]:E・スイトリナ(ウクライナ) 3,563ポイント

11位[ - ]:J・コンタ(イギリス) 2,880ポイント

12位[ - ]:M・キーズ(アメリカ) 2,442ポイント

13位[ - ]:M・ボンドロウソワ(チェコ) 2,390ポイント

14位[ - ]:S・ケニン(アメリカ) 2,345ポイント

15位[ - ]:P・マルティッチ(クロアチア) 2,259ポイント

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)~22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ATPカップ 組み合わせ発表
・錦織らトップ10が勢揃い
・大坂 コーチへ「感謝している」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年9月17日16時06分)
その他のニュース