- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPボレー編
ボレー編

Vol.7 ミスを減らすための練習法 ボレー編 上巻

ローボレーのミスを減らす

ローボレーでは、姿勢の乱れや頭の揺れの問題もあり、他のボレー以上に当たり損ねのミスが多くなりやすい。当然、相手としてもできるだけローボレーさせようと厳しく打ってくるのだが、その中でイージーミスを減らすだけでも、ネットプレイ全体がかなりレベルアップするはずだ。

打点のとり方に注意しよう

ローボレーでネットするミスが多い原因としてよくあるのは、打点が後ろ過ぎてボールが上がらないというケースだ。この問題の解決法は、単純に打点を前にすることしかなく、実際にやってみれば簡単にボールが持ち上がることがわかるはずだ。初めは、浅く落ちるボールを出してもらって打点の感覚をつかみ、腰ぐらいの高さとローボレーを混ぜて練習しながら、良い打点を定着させるようにしていこう。

ローボレーでは通常よりも面を上に向ける必要があるが、打点が遅れるとそのままでは面が上を向かず、ボールが上がらずにネットにかけてしまうというミスが多くなる。下のイラストのように、ローボレーでは通常よりも打点を前にしなければならないが、それができていないというケースだ。そのため、手首をこねて面を上に向けようとする人もいるが、これも高さのコントロールを非常に不安定にする原因になるので注意が必要だ。

ボレーでは、このようにボールの高さによって打点の位置(前後)がかなり変わってくる。とくにローボレーでは、打点をかなり前にとらなければならず、それができていないために上のようなミスが多くなる人が目立つので、その場合はぜひ修正してほしい。また逆に、打点を前にすることさえできれば、自然に面が上を向くので、手首をこねたりする必要はなくなるのだ。

スライス回転をかけないとコントロールしにくい

また、アウトが多い場合は、当たりがフラットすぎるというケースが多い。ボレーをフラットに打つと、当たりの強さを加減するのがむずかしく(回転をかけないとスピード制御しにくい)、とくに相手のボールが強いときにミスが出やすくなってしまうのだ。

ただ、フラット気味なボレーが絶対に悪いわけではなく、ミスが少ないなら直す必要はないが、ミスが多い場合は、この機会にスライス回転をかけるスウィングに変えてみることをお勧めしたい。また、その場合の練習法は、「当たり損ねのミスを減らす」のページで紹介したスライスのミニラリーから始めるのが良いだろう。

このように相手に厳しいボールを打たれた場合には、トッププロでもある程度のミスが出てることはしかたない。だが、アマチュアの試合ではイージーミスのほうが圧倒的に多く、それを減らすだけでも大きな違いが出てくるので、まずはあまり厳しくないボールを確実に返すということをテーマに練習しよう。

P.ラフターの打点を前にとったフォアハンド・ローボレー
低い姿勢の構え(@〜A)から、早めにラケットを用意し(B)、打点を十分前にしてボールをとらえているため、手首で余計な操作をする必要もなく、安定感のある面の動きになっている。また、打球時にも足を止めることなく前進しながらボレーし、その中でも頭のブレを最小限に抑えており、ミスを減らすための基本に忠実なローボレーと言える。
M.サフィンのスウィングのあるバックハンド・ローボレー
こちらはバックボレーの例だが、基本に忠実な点は上のラフターの例と同じ。さらにこちらは、スライス回転を少し多めにかけて(ボールを切り下ろしているわけではない)、相手の強いリターンの勢いをうまくコントロールしている。これは、トッププロ同士の試合ほどボール・スピードが高くなってくると、欠かすことのできない技術となる。
<< 前ページ

トップに戻る >>

(テニスジャーナル 2004年5月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ボレー編一覧

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!