- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチがフルセットの接戦制し初戦突破◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会2日目の31日、男子シングルス1回戦が行われ、第3シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が、同胞のV・トロイキ(セルビア)を6-3, 3-6, 2-6, 7-5, 6-3とフルセットで下し、2回戦進出を決めた。

「今日は彼の方が優れたプレイヤーだった。しばらくの間はね。」とジョコビッチはデビスカップのチームメイトでもあるトロイキについてコメントを残している。

セットカウント1−2とリードされたジョコビッチは、第4セット第1ゲームでブレークを許してしまうと、続くサービスゲームでも再三のピンチに直面する。しかし、それ以上のブレークを許さなかったジョコビッチは逆転で第4セットを奪い、2セットオールに追いついた。

「彼はあのチャンスの後に僕のペースが落ちることを分かっていたんだよ。だから、力を振り絞っていた。それに、あの場面が逆転のチャンスを掴む最後のチャンスだとも分かっていたんだろうね。」と、トロイキは試合を振り返っている。

この試合でトロイキは、実に23本ものサービスエースを決めている。第2セットと第3セットでは、71%の確率でファーストサーブを決めると、その内の87%をポイントに結びつけた。

長年トロイキと練習を共にしてきたジョコビッチであるが「彼があんなサーブを打つところを見たことがない。」と舌を巻いていた。

第3セットが終わるまで1度しかサービスブレークが出来なかったジョコビッチは、第4セットと第5セットでは2度ずつのブレークに成功し見事に逆転、30度を超える暑さの中で3時間40分で勝利した。

マラソンマッチを制したジョコビッチは「スタンドの誰かが頑張れと言い続けてくれたんだ。それが実際に僕がしたことさ。」とファンの声援に後押しされていたことを明かした。

この他の試合では、主催者推薦で出場している元世界ランク4位のJ・ブレーク(アメリカ)が、K・フリーゲン(ベルギー)を6-3, 6-2, 6-4のストレートで破り、2回戦進出を決めている。

今年の12月に31歳になるブレークは「勝ち進むことが出来て本当に嬉しいし、出来る限り体に負担をかけないようにしたいんだ。年を重ねるごとに回復に時間がかかるからね。」と、勝利の喜びとコンディションについてコメントを残した。

この日は上位陣が順当に勝ち進んだものの下位のシード陣に敗退が相次ぎ、A・クレマン(フランス)が第16シードのM・バグダティス(キプロス)に6-3, 2-6, 1-6, 6-4, 7-5で、J・シャーディ(フランス)が第24シードのE・ガルビス(ラトビア)を6-2, 7-6 (7-1), 6-4で、J・ベネトー(フランス)が第28シードのR・シュティエパネック(チェコ共和国)を6-4, 6-2, 4-6, 6-4で下すなどしている。

この他の試合の結果は以下の通り。

F・ベルダスコ(スペイン) (8) ○-× F・フォニュイーニ(イタリア), 1-6, 7-5, 6-1, 4-6, 6-3
D・フェレール(スペイン) (10) ○-× A・ドルゴポロフ(ウクライナ), 6-2, 6-2, 6-3
M・フィッシュ(アメリカ) (19) ○-× J・ハジェク(チェコ共和国), 6-0, 3-6, 4-6, 6-0, 6-1
F・ロペス(スペイン) (23) ○-× S・ヒラルド(コロンビア), 6-4, 6-4, 6-4
D・ナルバンディアン(アルゼンチン) (31) ○-× R・デフェスト(南アフリカ), 7-6 (7-4), 3-6, 6-4, 6-7 (6-8), 6-4
B・パイユ(フランス) ○-× R・シュトラー(ドイツ), 6-3, 6-3, 4-6, 4-6, 7-6 (7-2)
P・クエバス(ウルグアイ) ○-× J・シルバ(ブラジル), 7-6 (7-0), 6-1, 6-2
P・ペッツシュナー(ドイツ) ○-× D・ロジャ, 6-3, 6-1, 6-1
T・ロブレド(スペイン) ○-× L・ロソル, 6-4, 6-3, 6-1
A・マンナリノ(フランス) ○-× P・リバ(スペイン), 3-6, 6-1, 6-4, 4-6, 7-6 (7-1)
D・ヒメノ=トラバー(スペイン) ○-× J・ニエミネン(フィンランド), 7-6 (7-1), 6-4, 6-3
E・シュワンク(アルゼンチン) ○-× R・ジネプリ(アメリカ), 6-4, 7-6 (7-3), 4-6, 6-3
F・セラ(フランス) ○-× F・マイヤー(ドイツ), 7-5, 6-2, 6-0
B・ベッカー(ドイツ) ○-× D・ブランズ(ドイツ), 7-6 (7-1), 7-6 (7-5), 6-4
D・イストミン(ウズベキスタン) ○-× M・ゴンサレス(アルゼンチン), 7-5, 7-5, 6-1

本日のナイトセッションでは、第1シードのR・ナダル(スペイン)が登場、T・ガバシュビリ(ロシア)との1回戦に臨む。

今大会の優勝賞金は170万ドル。

(2010年9月1日10時53分)
その他のニュース

11月15日

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

【速1ポイント報】フェデラーvsジョコビッチ (23時04分)

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

11月13日

【1ポイント速報】チチパスvsズべレフ (23時03分)

安藤証券OP 日比野ら2回戦へ (20時05分)

全豪JrWC 松田絵理香が決勝へ (18時26分)

フェデラー「満足」ジョコ戦へ (16時26分)

ジョコ撃破で初の決勝T進出 (11時27分)

元世界4位が現役引退を発表 (10時57分)

ジョコ「脱帽、祝福したい」 (9時21分)

ジョコビッチ 死闘の末に惜敗 (8時23分)

フェデラー 快勝で1勝1敗 (1時09分)

11月12日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsティーム (23時02分)

全豪ジュニアWC 12日の結果 (20時51分)

ナダル初撃破「最終戦は特別」 (13時32分)

チチパス「最も重要な勝利」 (12時04分)

ナダル「がっかり」 初戦黒星 (11時05分)

ナダル 完敗で黒星スタート (9時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!