- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第2シードのジョコビッチが敗れる波乱◇ソニー・エリクソン・オープン男子

男子テニスツアーのソニー・エリクソン・オープン男子(アメリカ/マイアミ、賞金総額364万5000ドル、ハード)は金曜日にシングルス2回戦16試合を行い、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が敗れる波乱に見舞われた。その波乱の立役者はO・ロクス(ベルギー)で、ジョコビッチから6-2, 6-7 (7-9), 6-4の2時間55分の接戦の末に勝利を奪った。

第2セットをタイブレークの末に落としたロクスは、それでも試合を諦めなかった。「タイブレークでもチャンスはあった。でもちょっとミスが出てしまったんだ。」と振り返る。「それでも次のセットを取れば勝ちだって前向きに考えたんだ。だから勝てたと思う。接戦で第2セットを落として意気消沈していたら、勝てるチャンスなんて無いさ。」と勝因を分析していた。

この日は11本のダブルフォルトに62本ものイージー・ミスを記録したジョコビッチは、ロクスの粘りの前に立て直すことができなかった。「彼は早いタイミングでボールを打ってきたし、コートカバーも素晴らしかった。今日の彼のテニスはとても良かったし、彼の勝利を素直に祝福したい。彼は勝利に値するプレーをしたからね。」とロクスを称賛していた。

現在世界ランク59位のロクスは、168cmとトップ100選手中一番背の低い選手としても知られていて、過去2度のツアー優勝を果たしており、ツアー優勝者の最低身長選手でもある。1回戦では元世界ランク7位のR・ガスケ(フランス)を下し、この日は自身3度目となる世界ランク2位の選手からの勝利を飾った。3回戦ではJ・ブレーク(アメリカ)を3-6, 6-1, 6-2の逆転で下した第27シードのT・ベルッチ(ブラジル)と対戦する。

第4シードのR・ナダル(スペイン)T・デント(アメリカ)を6-4, 6-3と70分で勝利をあげた。「良いスタートを切れた。デントとの対戦はいつも難しいんだ。リズムが作りにくいから。リターンで数少ないチャンスを生かすことができた。今日の勝ち方には満足しているよ。難しい対戦相手にストレート勝利ができて気分が良いね。」と満足気に語っていた。

ナイトマッチに登場した地元の期待を背負う第6シードのA・ロディック(アメリカ)I・アンドレエフ(ロシア)を6-4, 6-4のストレートで退けた。この日は雨により試合の進行が遅れ、ロディックの試合は深夜にまで及んだ。しかし集中を切らすことのなかったロディックは、19本ものサービスエースを記録し、わずか1時間19分でアンドレエフを退けた。

第8シードのJW・ツォンガ(フランス)G・ガルシア=ロペス(スペイン)を6-4, 6-3のストレートで倒した。ツォンガは15本のサービスエースを叩き出し、終始ガルシア=ロペスを圧倒。1時間41分で順当に3回戦進出を決めた。

ナダルはD・ナルバンディアン(アルゼンチン)と、ロディックはS・スタコフスキ(ウクライナ)と、ツォンガは第28シードのP・コールシュライバー(ドイツ)と3回戦で顔を合わせる。ナルバンディアンは第30シードのV・トロイキ(セルビア)を6-3, 4-6, 6-4で、スタコフスキは第32シードのJ・ベネトー(フランス)を6-3, 7-6 (7-5)で下しての勝ち上がり。コールシュライバーはF・マイヤー(ドイツ)と対戦中、6-6のところで大腿部を痛め棄権を申し入れての不戦勝となった。

その他の試合結果は以下の通り。

B・ベッカー(ドイツ) ○-× I・リュビチッチ(クロアチア) (11), 4-6, 0-1, 途中棄権
J・C・フェレーロ(スペイン) (12) ○-× D・ケレラー(オーストリア), 4-0, 途中棄権
D・フェレール(スペイン) (15) ○-× M・ロドラ(フランス), 6-2, 6-4
J・アイズナー(アメリカ) (17) ○-× M・ラッセル(アメリカ), 7-6 (7-5), 2-6, 7-6 (7-5)
T・ロブレド(スペイン) (18) ○-× I・マルチェンコ(ウクライナ), 6-3, 4-6, 6-4
J・シャーディ(フランス) ○-× S・クエリー(アメリカ) (21), 4-6, 6-4, 6-2
I・カルロビッチ(クロアチア) (24) ○-× D・ヒメノ=トラバー(スペイン), 6-3, 6-7 (5-7), 6-3
N・アルマグロ(スペイン) (33) ○-× E・シュワンク(アルゼンチン), 6-4, 7-5

今大会の優勝賞金は60万5500ドル。

(2010年3月27日16時40分)
その他のニュース

11月17日

【告知】ティームvsチチパス (20時02分)

フェデラー「今シーズン満足」 (16時59分)

チチパス決勝へ「夢が叶った」 (15時28分)

元世界4位ベルディヒ引退 (11時09分)

フェデラー「素晴らしい選手」 (10時05分)

ティーム 最終戦初の決勝へ (7時30分)

フェデラー 決勝進出ならず (1時19分)

【1ポイント速報】ATP最終戦の準決勝 (1時00分)

11月16日

ジョコとナダルの敗退に驚き (15時36分)

雄叫びズベレフ 決勝T進出 (13時01分)

ナダル「苦労たくさんあった」 (12時05分)

ナダル「できる限り全てやった」 (11時44分)

ナダル 2勝1敗で予選敗退 (7時59分)

11月15日

【1ポイント速報】ATP最終戦 予選RR (19時33分)

日比野と奈良は4強ならず (19時28分)

ブライアン兄弟 全米で引退 (18時49分)

ティーム破り最終戦初勝利 (16時48分)

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!