逆転勝ちズベレフが決勝へ

ゲッティイメージズ
決勝進出を果たしたズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は17日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第29シードのA・タビロ(チリ)を1-6, 7-6 (7-4), 6-2の逆転で破り、2018年以来6年ぶり3度目の決勝進出を果たした。

>>ズベレフらBNLイタリア国際組合せ<<

>>シフィオンテクらBNLイタリア国際組合せ<<

2017年以来7年ぶり2度目の大会制覇を狙うズベレフは今大会、初戦の2回戦で世界ランク70位のA・ブキッチ(オーストラリア)、3回戦で同54位のL・ダルデリ(イタリア)、4回戦で同53位のN・ボルジェス(ポルトガル)、準々決勝で第11シードのT・フリッツ(アメリカ)を下し4強入り。

対するは3回戦で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)や4回戦で第16シードのK・ハチャノフを破ったタビロとなった。

この試合の第1セット、ズベレフは2度のブレークを許すなどで第3ゲームから5ゲーム連取を許し先行される。勢いを取り戻したいズベレフだったが、第2セットは1度もブレークチャンスを掴めないままタイブレークへ。タイブレークでも先にミニブレークを許したが、そこから3度のミニブレークに成功し逆転。2度目のセットポイントをものにしセットカウント1-1に追いついた。

ファイナルセット、ズベレフは第3・第5ゲームでブレークに成功。取り戻した主導権を手放すことなく、2時間17分で勝利した。この試合でズベレフは10本のサービスエースと5本のダブルフォルト記録。ファーストサービスが入ったときのポイント獲得率は80パーセントだった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはズベレフのコメントが掲載されている。

「第2セットは、ただ耐えていたね。エネルギーを高めていた。今日は本当にただ耐えて待っていただけで、忍耐強さが良かった。彼(タビロ)は第1セットで僕をコートから打ち落として、僕はまったくいいプレーができなかった。彼は僕にリズムを与えてくれなかったけど、タイブレークで逆転して、第3セットで逃げ切ることができてよかったよ」

決勝では第21シードのN・ジャリー(チリ)と対戦する。ジャリーは準決勝で第14シードのT・ポール(アメリカ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

一方、敗れたタビロは「ATPマスターズ1000」初の決勝進出とはならなかった。


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ナダル「これが最後」別れ告げる
・錦織 圭&全豪Jr王者の坂本 怜が練習
・逆転負けで大暴れ!ラケット破壊&握手拒否

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月18日6時57分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)