ウィンブルドン 露選手ら出場可に

ゲッティイメージズ
ウィンブルドン
画像提供:ゲッティイメージズ

7月3日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は31日に公式声明を発表し、昨年出場を認めなかったロシアおよびベラルーシ国籍の選手のエントリーを、中立的な立場で適切な条件を満たしたうえで受け入れることを明らかにした。

>>アルカラスvsシナー 1ポイント速報<<

>>アルカラスら マイアミOP組合せ<<

イギリスのLTA(ローンテニス協会)は昨年、ウィンブルドンを含むイギリス国内で開催される国際大会について、「ロシア政権がロシアやベラルーシの選手の参加によって、何らかの利益を得ることは容認できない。したがって、私たちは遺憾の意を表明し、ロシアとベラルーシの選手が2022年の同大会にエントリーすることを拒否する」とし、同国選手の出場を拒否。

男子プロテニス協会のATPと女子テニス協会のWTAは、この決定についてランキングシステムの整合性を損ない、ランキング協定とも矛盾するとして、同年のウィンブルドンはポイント対象外の大会として開催された。

ウィンブルドンを主催するオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブのチェアマンを務めるイアン・ヒューイットは今回の決定について、「イギリス以外のテニスイベントでは、ロシアとベラルーシの選手が「中立な」選手として出場し、1年間が経ちました。また現在テニスを取り巻く環境では、グランドスラム間の整合性がますます重要であると考えています」と発表。

また「これから大会が始まるまでの間に状況が大きく変化した場合は、それに応じて対応します」とコメントしている。

昨年のウィンブルドンは、男子シングルスでN・ジョコビッチ(セルビア)が通算7度目の優勝を飾り、女子シングルスはE・ルバキナ(カザフスタン)がグランドスラム初優勝の栄冠を手にしている。また、男子車いすテニスでは国枝慎吾が悲願の大会初優勝を飾るとともに、四大大会とパラリンピックを制覇する生涯ゴールデンスラムを達成した。




■関連ニュース

・錦織 股抜きショット披露
・フェデラー 錦織らと居酒屋へ
・マレー 今季フルセットマッチ無敗
■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月31日20時51分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)