LL本戦入りの綿貫 初戦突破

ゲッティイメージズ
綿貫陽介
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのリヨン・オープン(フランス/リヨン、レッドクレー、ATP250)は16日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク260位の綿貫陽介が第8シードで世界ランク43位のP・マルティネス(スペイン)を6-7(2-5), 6-4, 6-2の逆転で破り、初戦突破を決めた。

前日行われたシングルス予選決勝では予選第8シードのG・ バレール(フランス)に3-6, 6-3, 3-6のフルセットで敗れるもラッキールーザーで本戦進出を果たした綿貫陽介。

この日は、第6ゲームに最初のブレークに成功すると、直後にブレークバックを許す。第11ゲームには2度目のブレークを奪われるも今度は直後に綿貫がブレークバック。タイブレークに突入すると4度のミニブレークを許し、第1セットを落とす。

それでも、続く第2セットでは第1ゲームからブレークを奪うと、これを守りきって1セットオールに。

ファイナルセットでは2度のブレークに成功して2時間44分の熱戦を制した。

綿貫は試合後、勝利直後の動画(ツイッター)に「かもん!明日も」とつづった。

勝利した綿貫は2回戦で世界ランク71位のクォン・スンウ(韓国)と対戦する。クォン・スンウは1回戦で世界ランク175位のA・ベデネ(スロベニア)を4-6, 7-6(7-4),6-0の逆転で下しての勝ち上がり。




>>綿貫陽介のツイート<<




■関連ニュース

・綿貫 ラッキールーザーで本戦
・綿貫「感じたことない重圧」
・綿貫陽介「役目を果たせた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年5月17日10時50分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)