錦織 東京五輪「プレーしたい」

ゲッティ イメージズ
世界ランク41位の錦織圭
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスで世界ランク41位の錦織圭は4日に都内でオンライン記者会見を行い、来年予定されている東京オリンピック(東京/有明、ハード)や5日に開催する「WOWOW開局30周年記念番組 WOWOWテニスフェスティバル2020」への意気込みを語った。

>>【YouTube】ユニクロからロジャー・フェデラー”RF”キャップが登場<<

錦織は5日のイベントで国枝慎吾西岡良仁ダニエル太郎らと共演を予定。このイベントについて「とても久しぶりのテニスのイベントで試合なのでとても楽しみにしています。(会場で)生で見てくださるお客さんはいないんですけど、テレビで見てくださると思うので頑張っていきたいです。なるべくいいテニスを届けられるように頑張ります」と意気込みを語った。

昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)後に右ひじの怪我により戦線を離脱した錦織。その後は新型コロナウイルスの影響を受けたツアーのあおりを受け8月に復帰を予定していたものの、8月には自身が新型コロナウイルスの陽性になったことを明かし、さらに復帰が遅れることとなった。

9月のジェネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)で約1年ぶりにツアーに参戦したが、同月末に行われた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)2回戦敗退後の会見では「肩は若干心配です。結構痛みが出始めて、ちょっとサーブがきつかった」とコメント。その後も欠場を繰り返し、10月28日に今シーズンの終了を発表していた。

また、来年7月23日に開幕する東京オリンピックのテニス競技への参加についても自身の見解を話した。

「プレーしたいですけど、これに関しては自分自身がどうこうできるわけではないですが、準備はしていきたい。あるならあるで準備したいです。自分にできるのはそれだけですね。いまは選手も国民の皆さんもこのような状況で、今は五輪がどうっていうのは考えづらいと思う。もし少しずつ、ワクチンだったりいろんなことで緩和されて良くなってきたならば、またみんなが五輪に向けて考える1歩目になると思う。自分としては、気持ちの面でしっかりあるっていう準備だけはしておきたいですね」

錦織は2016年のリオデジャネイロオリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)3位決定戦でR・ナダル(スペイン)を破り銅メダルを獲得している。

[PR]開局30周年記念番組「WOWOWテニスフェスティバル2020」
錦織 圭ら日本のトッププレーヤーが集結するWOWOWならではの30周年記念特番
12月5日(土)午後1:00 無料放送&ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織、今季終了を発表
・錦織、国枝、西岡らが共演
・WOWOW 錦織インタビュー

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年12月4日12時21分)
その他のニュース