ピンチ切り抜け大逆転勝ち

ゲッティイメージズ
ベスト4進出を果たしたシュワルツマン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのベット1ハルクスチャンピオンシップス(ドイツ/ケルン、室内ハード、ATP250)は23日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)が世界ランク64位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)を2-6, 7-6 (7-3), 6-1の逆転で下し、ベスト4進出を果たした。

>>YouTube ジョコビッチとの練習秘話【田島 尚輝】にインタビュー前編<<

12日に発表された世界ランクで自己最高の9位を記録してから初の大会となったシュワルツマンはこの試合、第1セットを先取されて第2セットでもゲームカウント2-5とする。第8ゲームでマッチポイントを凌いでタイブレークを制し追いつくと、ファイナルセットでは圧倒し2時間9分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでシュワルツマンのコメントを掲載しており「テニスはときどきクレイジーだ。今日試合後に質問へ答えられているのは幸運なことだ。でもこれが僕が今のランキングに入れる理由だと思う」と語った。

「なぜなら僕は常に勝つための方法を探し続けている。今日の試合ももちろんそうだった。ダビドビッチ フォキナはとてもいい選手だからこれは今回はとても大変だった。彼は前半ほとんど完璧なプレーをしていた」

準決勝では第5シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)と対戦する。オジェ アリアシムは準々決勝で世界ランク56位の西岡良仁をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝では第1シードのA・ズベレフ(ドイツ)、世界ランク46位のJ・シナー(イタリア)が4強入りした。

[PR]「男子テニスATPツアー250 アントワープ」
10月19日(月)~10月25日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・全身けいれんに敗者は怒り
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月24日16時28分)
その他のニュース