トップ10入り後初戦は快勝

ゲッティイメージズ
ベスト8進出を果たしたシュワルツマン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのベット1ハルクスチャンピオンシップス(ドイツ/ケルン、室内ハード、ATP250)は22日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)がラッキールーザーで出場した世界ランク141位のO・オッテ(ドイツ)を6-3, 6-2のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

>>YouTube ジョコビッチとの練習秘話【田島 尚輝】にインタビュー前編<<

今大会、上位シード勢は1回戦が免除のためこの試合が初戦となった世界ランク9位のシュワルツマンはファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得。オッテに1度もブレークチャンスを与えないテニスを披露した。リターンゲームではフォアハンドウィナーを決めるなど、3度のブレークに成功。1時間19分で世界ランクトップ10入り後初の試合を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトでシュワルツマンは「今日はすべてがうまくいっていたと思う。コート上では自信を持っていたし、とてもいい感じだったよ」と試合を振り返るコメントを残した。

4強入りをかけて、準々決勝では世界ランク64位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦。21歳のダビドビッチ フォキナは2回戦で同71位のS・ジョンソン(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

シュワルツマンは準々決勝について「彼(ダビドビッチ フォキナ)は本当に危険な選手だ。本当に速いし、コート上では多くの能力を持っている。若いから自信を持っているし、いいテニスをしている。しっかりリカバリーしないといけないけど、僕自身本当にいいテニスをしているから、明日は見ていてとてもいい試合になりそうだね」と話した。

同日には世界ランク46位のJ・シナー(イタリア)、同56位の西岡良仁らが8強へ駒を進めたが、第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)は同58位のG・シモン(フランス)にフルセットで敗れ姿を消した。

[PR]「男子テニスATPツアー250 アントワープ」
10月19日(月)~10月25日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・シュワルツマンら初トップ10へ
・シュワルツマンにインタビュー
・シュワルツマン 単複合計が最小に

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月23日10時05分)
その他のニュース