ティーム ツォンガ破り2回戦へ

ゲッティイメージズ
第1シードのティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)は22日、シングルス1回戦が行われ、第1シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク36位のJW・ツォンガ(フランス)を6-4, 7-6 (7-2)のストレートで破り、4年連続7度目の初戦突破を果たした。

この日、ティームはファーストサービスが入ったときに80パーセントの高い確率でポイントを獲得。ブレークチャンスを与えることなく、1時間58分でツォンガに初勝利した。

昨年の同大会では準々決勝で錦織圭に敗れているティームは、ベスト8進出をかけて、2回戦で世界ランク40位のF・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。ベルダスコは1回戦で同26位のN・バシラシヴィリ(ジョージア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には世界ランク50位のG・シモン(フランス)、同139位のチョン・ヒョン(韓国)らが2回戦へ駒を進めた。

一方、2011年の同大会覇者である元世界ランク5位のツォンガは、2年連続の初戦敗退となった。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」

【大会期間】
10/28(月)~11/23(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・WTA最終戦 最後の1人確定
・デ杯 日本代表メンバー発表
・錦織 右ひじ手術で今季終了へ

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年10月23日9時15分)
その他のニュース