チチパス 死闘の末に初戦敗退

ゲッティイメージズ
初戦敗退となったチチパス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのS・チチパス(ギリシャ)は世界ランク36位のJ・シュトルフ(ドイツ)に4-6, 7-6 (7-5), 6-7 (6-8)のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。

>>西岡らW&Sオープン対戦表<<

>>西岡vsデミノー 1ポイント速報<<

上位8シードは1回戦免除のため2回戦からの登場となったチチパスは、14本のサービスエースを決めた。ファイナルセットのタイブレークではシュトルフのマッチポイントを3本連続でしのぐ粘りを見せたが、2時間14分の死闘の末に力尽きた。

男子プロテニス協会ATPは公式サイトで、勝利したシュトルフのコメントを掲載しており「とてもいい試合だった。チチパスは素晴らしい選手。彼にはバルセロナでもなんとか勝つことができ、だからこそ今日もチャンスがあると思っていた」と振り返った。

「チームと厳しいトレーニングをこなしてきて、ようやくそれが粘り強いプレーと共に報われた」

シュトルフは3回戦で、第9シードのD・メドヴェデフ(ロシア)とベスト8進出をかけて対戦する。メドヴェデフは2回戦で、世界ランク29位のB・ペール(フランス)をストレートで下している。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」

【大会期間】
8/11(日・祝)~8/18(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・チチパス/キリオス組 初戦敗退
・「最悪の出来事」と涙チチパス
・チチパス「次元が違った」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年8月15日9時17分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)