「とても興奮」シード撃破で16強

ゲッティイメージズ
クリストファー・ユーバンクス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は16日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)のC・ユーバンクス(アメリカ)が第5シードのS・ジョンソン(アメリカ)を7-6 (11-9), 7-6 (7-5)のストレートで破り、初戦突破を果たすとともにベスト16進出を決めた。

この試合、ユーバンクスは201cmの長身から放たれるサービスを武器に15本のエースを決めるなど、ファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得。初対戦となったジョンソンとの2度のタイブレークを制し、1時間41分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトで23歳のユーバンクスは「ここぞという場面でサービスが良く入ってくれた。ブレークを取ってからは良いリズムにもなったので、今日のサービスは勝利につながってくれた。ツアーレベルで勝利したいときには本当に上手くプレーしなければいけない。特にアメリカでは。勝利はやはり本当に特別なもの。とても興奮している」と語った。

世界ランク188位のユーバンクスは、ベスト8進出をかけて2回戦で同141位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)と対戦する。イヴァシカは1回戦で同103位のB・トミック(オーストラリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織6位浮上、15日付最終戦ランク
・復帰イズナー「足完治した」
・ナダル「ロジャーが勝者に値する」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月17日13時13分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)