錦織 苦戦もダラスCH4強

男子テニスで下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)は1日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードの錦織圭が世界ランク295位のD・コプファー(ドイツ)を7-6 (7-3), 6-3のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

>>錦織vsジェイソン 1ポイント速報<<

>>錦織らダラスCH組み合わせ<<

この試合、4本のダブルフォルトを犯すなど、自身のサービスゲームで苦戦した錦織だったが、両者1ブレークずつで迎えたタイブレークをものにし、第1セットを先取する。

続く第2セット、錦織はミスが増えてきたコプファーから第2・4ゲームでブレークに成功。その後、2度のブレークを返されたが、第8ゲームで再びコプファーのサービスゲームを破り、1時間30分を超える激しい打ち合いを制した。

準決勝では、世界ランク234位のユング・ジェイソン(台湾)と対戦する。ジェイソンは準々決勝で、同204位のM・ケマノビッチ(セルビア)をストレートで下しての勝ち上がり。

右手首のけがからの復帰第2戦目となった今大会は、1回戦で前週のニューポートビーチ・チャレンジャー(アメリカ/ニューポートビーチ、ハード、ATPチャレンジャー)で敗れていたD・ノビコフ(アメリカ)にストレート勝ち。2回戦では世界ランク162位のM・バッヒンガー(ドイツ)を逆転で下して8強入りを決めていた。

その他の日本勢では伊藤竜馬も出場していたが、1回戦でM・マクドナルド(アメリカ)にストレートで敗れた。






■関連ニュース

・「圭を追った」チョンが快挙
・フェデラー 錦織は「欠かせない」
・錦織と練習「素晴らしい手本」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年2月2日11時49分)
その他のニュース