アルマグロ あきやま病院と契約

tennis365.net
全仏OP時のアルマグロ
画像提供:tennis365.net

長崎県諫早市のあきやま病院は12日、男子テニスで元世界ランク9位のN・アルマグロ(スペイン)と契約を締結したと発表した。

現在32歳のアルマグロは2003年にプロ転向後、2006年にバレンシア・オープン(スペイン/バレンシア、ハード、ATP500)でツアー初タイトルを獲得。2008年の北京オリンピック(中国/北京、 ハード)に単複両部門でオリンピックに初出場し、同年の国別対抗戦デビスカップではスペイン代表として優勝に貢献。四大大会は全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で3度ベスト8へ進出している。

2014年には左足の手術を受けたが、2016年のエストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)でキャリア通算13勝目をあげた。今季はカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ 、ハード 、ATP250)とエストリル・オープンで8強入りを果たした。

あきやま病院のメンバーはアルマグロの他に、守谷総一郎藤井信太小野田賢小野陽平、穐山弘明、穐山武明の計7選手。

10日まで行われた第32回 テニス日本リーグ1stステージで、あきやま病院は1勝3敗で折り返し、1月18日に開幕する2ndステージで決勝進出を狙う。アルマグロの出場試合は未定となっている。






■関連ニュース■ 

・神対応デルポ「早い回復願う」
・元9位アルマグロが契約締結
・全豪OP 男子エントリー一覧

(2017年12月12日10時56分)
その他のニュース