西岡良仁 初の全豪2回戦へ

tennis365.net
初戦突破を果たした西岡良仁
画像提供:tennis365.net

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は17日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク99位の西岡良仁が予選勝者のA・ボルト(オーストラリア)を6-4、1-6、6-2, 6-4で下して大会初勝利をあげ、四大大会で2勝目をあげた。

>>全豪OP 対戦表<<

この日、西岡は1度もブレークを許さずにこの第1セットを先取する。第2セットは落としたが、第3セット以降は持ち味の粘りとコースをつくストロークでボルトを圧倒して勝利した。

2回戦では、第13シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と世界ランク81位のG・ペラ(アルゼンチン)と対戦する。

西岡は全豪オープンに2年連続でストレートイン。昨年は1回戦でP・クエバス(ウルグアイ)にストレートで敗れていた。

これまでのグランドスラムでは2015年の全米オープンでも初戦を突破している。

同日の1回戦では、大坂なおみL・クムクーム(タイ)に苦戦するも逆転勝利し、2年連続で初戦突破。全豪オープン初出場の尾崎里紗は、世界ランク53位のS・エラーニ(イタリア)と現在対戦している。

その他の日本勢は、第5シードの錦織圭が2回戦進出を果たしたが、添田豪土居美咲奈良くるみ日比野菜緒穂積絵莉は初戦敗退となった。






■関連ニュース■ 

・西岡良仁 錦織は「大先輩」
・西岡良仁 目標は「GS3回戦」
・錦織 全豪OP2回戦を警戒

(2017年1月17日13時31分)
その他のニュース