- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPリターン編
リターン編

Vol.1 グッドイメージを作る連続写真 バックハンドリターン編

バックハンドリターンのイメージ

今回は両手バックハンドでのサービスリターンを紹介。リターンは両手打ちの得意分野のひとつだ。テイクバックやスウィングにかかる時間が短く、速いボールやライジングに強いこと、高いボールに強いことなど、リターンに有利な条件が揃っているからだ。

なるべく前で、高い打点で打ちたい

両手打ちのリターンでは、小さなテイクバックでもボールに負けずに(逆に相手ボールの力を利用して)弾き返せるので、どんなに相手のサーブが速くても、テイクバックが間に合わないということはまずない(テイクバックが間に合わない人は引きすぎの可能性が高い)。

そのため、なるべく前で、高い打点で打つのが理想となる。予測を含めてサーブに対する反応が良く、動き出しさえ早くできれば、どんどん攻めていけば良いだろう。相手の立場から言えば、サーブを打った後は通常よりもコートカバーが遅れやすく、リターン側にとって攻めやすい(エースを取りやすい)状況と言えるので、積極的に攻撃的なリターンを狙っていく姿勢がほしい。

そうした攻撃的なリターンを身につけるには、遠いボールに対して飛びこみながら打つようなリターンをマスターする必要がある。それでも届かないサーブの場合は、スライスでなければ返らないので、スライスのリターンも身につけておきたい。
A.アガシの前に詰めて叩いたリターン
ベースラインの内側でスプリットステップを行ない(1)、そこからさらに一歩前に詰めてボールの上がり際を叩いた、両手打ちらしい攻撃的リターンの例。ただし、このようなリターンをするためには、技術だけでなく予測の能力も高めなければならない。
M.ヒンギスの高い打点でのリターン
こちらは高い打点のリターンの例。このように顔よりも高い打点で強打が可能なのは、まさに両手打ちならではのことだ。前ページで説明したように左手の肘を高く張りながらスウィングし、ラケットを立ててボールをとらえている点などは非常に参考になる。

(テニスジャーナル 2003年4月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

リターン編一覧






テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!