- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPトッププロの技術研究ナダル編
RAFAEL NADAL

Vol.3 最新型の技術を生かした強打できるリターン

元々速いボールに強い技術を持っている

ナダルに関しては、その最新型のスウィングについてフォアハンド編で詳しく解説したが、普段のストロークでもテイクバックがコンパクトで、それでも大きく振り抜いて強烈なショットを打つことができるのが大きな特徴となっている。つまり、元々速いボールに強い技術を持っているため、それを大きく変えることなくリターンにも応用でき、下の連続写真のように、かなり前のポジションからガンガンとハードヒットしていくことができるのだ。準備も速いため、当然どんなサーフェスにも対応することができ、セカンドサーブに対しては、チャンスボールぐらいの感覚で打っている。

現時点では、フォアに比べてバックがやや弱いという面があるが、それも急速に改善されており、とくにリターンに関しては、いずれフォアと遜色ないレベルになっていくだろう。

したがって、相手のサーブに対する読みや、反応、タイミングといった部分に磨きをかけていけば、アガシやヒューイットを上回るリターン力を身につけるポテンシャルは十分に秘めている。

新世代のリターンの代表選手

このようにナダルには、最近の若い選手の傾向がはっきりと表われており、新世代のグッド・リターナーの代表格とも言える。つまり、これからの若い選手に主流になるようなリターンであり、ジュニア選手には、ぜひ彼のような方向性を目指してほしい。
R.ナダルの横から見た攻撃的なフォアハンド・リターン
ベースラインの内側に構えているのに、これだけフルスウィングできているという点が、非常にナダルらしいところ。テイクバックの始動が早く、引きも小さいため、振り遅れる心配はあまりなく、速いサーブにも強いはずだ。
R.ナダルの遠いボールに対するバックハンド・リターン
インパクト前の部分が切れてしまっているが、横に振られてもしっかりと顔を残して軸を保ち、正確にボールをとらえている。さらにうまく肘を畳みながら面を維持して振り抜けており、かなりいいリターンが返ったはずだ。

(テニスジャーナル 2004年9月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ラファエル・ナダル研究編 一覧





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!