- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ストザーがキリレンコ破りベスト8進出◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会7日目の4日、女子シングルス4回戦4試合が行われ、ナイトセッションでは第9シードのS・ストザー(オーストラリア)が第25シードのM・キリレンコ(ロシア)に6-2, 6-7 (15-17), 6-3のフルセットで勝利、ベスト8に進出した。

お互いに2度ずつのブレークで突入した第2セットのタイブレークは、WTAによると、グランドスラムの女子シングルスにおいて史上最長記録とのこと。

このタイブレークは、グランドスラムで最も有名なタイブレークと呼ばれる「1816の戦い」よりも2ポイント少ない。この「1816の戦い」は1980年ウィンブルドンの男子シングルス決勝第4セットのことで、このタイブレークをJ・マッケンロー(アメリカ)B・ボルグ(スウェーデン)から勝ち取ったものの、試合自体はボルグが勝利している。

タイブレークが始まってから32ポイント目、ストザーがフォアハンドをネットにかけてしまい、キリレンコが第2セットを奪取していた。このポイントはキリレンコにとって6本目のセットポイントであり、対するストザーは5本のマッチポイントを取り逃していた。

14-14でストザーがダブルフォルトを犯し、キリレンコに5本目のセットポイントが訪れたものの、ここでキリレンコのフォアハンドがネットにつかまり15-15となる。

この次のポイントでストザーがバックハンドをネットして16-15としたキリレンコは、13球ものラリーの末にストザーのミスを引きだし、セットオールに追いついた。

この試合は2時間37分で決着しているが、第2セットだけで1時間27分もかかっていた。第1、第3セットはストザーが主導権を握っており、試合を通して7度のブレークをキリレンコから奪っていた。

ちなみに、今大会の男子シングルスで最長となるタイブレークは、1993年のG・イバニセビッチ(クロアチア)D・ネスター(カナダ)が記録しており、20-18でイバニセビッチがそのタイブレークを制している。

またWTAによると、これまでのグランドスラム女子シングルスで最長タイブレーク記録は、1999年の全仏オープン1回戦のことでS・フォレッツ(フランス)N・デシー(フランス)が16-14というスコアを記録していた。

センターコートで行われたナイトセッションでは、第2シードのV・ズヴォナレーワ(ロシア)が第22シードのS・リシキ(ドイツ)を6-2, 6-3のストレートで下している。

7本のブレークピンチのうち6本を切り抜けたズヴォナレーワは、試合を通してリシキから5度のブレークに成功すると、1時間17分でベスト8入りを決めた。

今年のウィンブルドンでベスト4に進出していたリシキは、最高で時速196kmものサーブを決めたが、ファーストサーブは40%の確率でしか決まらず、5本のダブルフォルトを犯していた。

デイセッションでは、第26シードのF・ペネッタ(イタリア)が第13シードのS・ポン(中国)に6-4, 7-6 (8-6)で勝利したほか、ノーシードのA・クルベールが第17シードのM・ニクルスク(ルーマニア)に6-4, 6-3で勝利、それぞれベスト8入りを決めている。

今大会の優勝賞金は180万ドル。

(2011年9月5日13時33分)

その他のニュース

5月22日

フェデラーがハミルトン訪問 (12時22分)

【告知】ダニエル太郎vsバレール (11時42分)

ダニエル太郎「調子が良い」 (11時00分)

ジョコ「感情目覚めさせる」 (9時57分)

ATPの方針に「本気か?」 (8時12分)

ジョコ「左利きは難しい」 (7時27分)

5月21日

チチパス 準V「残念だった」 (22時51分)

ジョコやナダルと「反対側」 (20時37分)

YouTubeラケットの選び方 後編 (20時01分)

大坂「最悪の選手」は避ける (18時31分)

ナダル CL決勝を現地観戦か (17時41分)

全仏女王「肘に問題あった」 (17時05分)

メド「5セットできる状態」 (16時34分)

28連勝で全仏「目標設定ない」 (15時52分)

ルード連覇に王手「楽しみ」 (15時03分)

ナダル「自身の可能性信じる」 (12時23分)

ATPは「殺人者側に立った」 (11時25分)

フェデラー 目標は2023年のWB (10時50分)

大坂、全仏へ「鎮痛剤飲む」 (9時14分)

穂積/二宮組、今季3勝目 (8時43分)

「今年のWBはポイント廃止」の方針 (8時17分)

5月20日

全仏OP本戦逃し「残念」 (22時51分)

内藤 初の全仏本戦出場ならず (22時04分)

【1ポイント速報】内藤祐希vsツレンコ (19時36分)

ナダル初戦の相手 パリで再戦 (18時45分)

ルード4強「いいプレーできた」 (16時43分)

土居 全仏初戦は地元コルネと (15時53分)

フェデラー、トレーニング公開 (12時11分)

ジョコ 観客は「大切なもの」 (10時23分)

8強の綿貫「腰痛」で棄権 (7時56分)

穂積/二宮組が決勝進出 (7時09分)

ジョコとナダル 全仏同じ山に (5時48分)

ジョコと西岡 全仏初戦で激突 (5時05分)

大坂 全仏初戦はアニシモワ (4時32分)

5月19日

日比野、内島が全仏予選敗退 (22時40分)

【1ポイント速報】日比野、全仏予選決勝  (22時00分)

綿貫、途中棄権で4強ならず (21時50分)

【1ポイント速報】綿貫陽介vsデ ミノー (20時40分)

YouTube ラケット選びの極意 前編 (20時02分)

大坂、シフィオンテクら出場 (18時11分)

昨年Vルード 55分で初戦突破 (16時03分)

シャポ、メドに続き初戦敗退 (12時08分)

全仏新旧女王が会場でラリー (11時03分)

マレー 18年ぶり地元CH出場 (10時13分)

穂積/二宮ペア 相手棄権で4強 (9時02分)

大坂なおみ「とてもクール」 (8時27分)

ナダル調整 チチパスと同会場 (7時40分)

日比野ら揃って全仏本戦王手 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!