- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブライアン兄弟が通算4度目の優勝◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会13日目の30日、男子ダブルス決勝が行なわれ、第1シードのB・ブライアン(アメリカ)/M・ブライアン(アメリカ)組が、第2シードのD・ネスター(カナダ)/N・ジモンイッチ(セルビア)組を6-3, 6-7 (5-7), 6-3のフルセットで下し、通算4個目となる全豪タイトルを手に入れた。

今大会連覇を達成したブライアン兄弟は、これでグランドスラム通算8勝目となった。

第1セット第9ゲームで2本のブレークピンチをしのぎ、このセットを先取したブライアン兄弟は、第2セットのタイブレークでも5−2と大きくリードをしていたものの、そこから5ポイントを連続で奪われ、第2セットを落としていた。

ファイナルセット第4ゲームでブレークに成功したブライアン兄弟は、そのリードを守りきり見事タイトルを獲得した。

第2セットのタイブレークについてボブは「他の小さな大会の決勝だったら、そこで気落ちしていただろうね。だけど、ここで2週間も試合をし続けて、グランドスラムの決勝でプレーしているとなれば、何もガッカリすることはないよ。」と語った。

「実際に第3セットでは、僕らのエネルギーが増したような気がした。身体から何かが抜け出したような感覚で、気がついたら終わっていたよ。」

2004年と2005年では準優勝に終わっていたブライアン兄弟は、2006年に今大会で初優勝を果たすと、そこからの5年間で4度もタイトルを獲得したことになる。

2008年にはブライアン兄弟から世界ナンバー1ダブルスの地位を奪っていたネスターとジモンイッチは、この兄弟に対し8勝4敗と勝ち越している。また昨年のウィブルドン決勝では、ブライアン兄弟を破りタイトルを獲得していた。

昨年末に世界ランク1位の座を取り戻していたブライアン兄弟は、それぞれのサイドを変えることでネスター/ジモンイッチ組との記録を塗り替えようとしている。

ライバルチームに対する作戦についてマイクは「何か違うことをしようと考えていたんだ。昨シーズン、彼らには多くの決勝で負けていたから、新しいものを見せてやろうと決めたんだ。キャリアの最初の頃は、あの陣形でプレーしていたから経験はあるんだ。グランドスラムの決勝でするのは初めてだったけど、助けになったようだね。」とコメントした。

この日の勝利でブライアン兄弟は、「ウッディーズ」の愛称で親しまれたT・ウッドブリッジ(オーストラリア)/M・ウッドフォード(オーストラリア)組が持つグランドスラム通算11勝の記録に、あと3勝に迫った。

双子の弟であるボブは「そのことはもちろん分かっているよ。だけど、もう少しで届くと思う。ウッディーズは僕らのアイドルで、彼らと同じステージで考えられることは、とても光栄なことだよ。もし僕らが健康でいられたら、その記録にも届くよ。」と記録について語った。

続けてボブは「もし僕らが達成したら、彼らが僕らにしてくれたことについて栄誉を授けることになるだろう。トッドが引退したとき、彼は僕らにアドバイスしてくれたんだ。僕らが若かったとき、彼らは本当に良くしてくれたんだ。」とかつてのチャンピオンとの思い出を明かした。

ブライアン兄弟は今年の4月に32歳の誕生日を迎えるが、彼らはあと数年はキャリアを重ねられると思っているようだ。

2分だけ先に生まれた双子の兄のマイクは「出来るだけ長く続けていたいと思うし、出来ると思う。身体的には問題ないよ。ダブルスは40歳くらいになってもプレーできる競技だし、大好きなんだ。」とダブルスへの想いを熱く語った。

(2010年1月31日13時25分)
その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!