加藤未唯 失格騒動の因縁ペアと再戦

ゲッティイメージズ
加藤未唯(昨年の全仏OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのロスシー・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTA250)は20日に女子ダブルス準々決勝が組まれ、加藤未唯/ ザン・シュアイ(中国)組とM・ブズコバ(チェコ)/ S・ソリベス=トルモ(スペイン)組が4強入り。両ペアは準決勝で対戦することになった。加藤にとっては昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の失格騒動の因縁の相手との約1年ぶりの再戦となる。

>>【動画】加藤未唯がボールをぶつけてしまったシーン(昨年の全仏OP)<<

加藤は今大会にザンとペアを組み出場。この日行われる予定であった準々決勝では対戦相手のG・ミネン(ベルギー)/ H・ワトソン(イギリス)組が試合前に棄権したため準決勝に駒を進めた。

一方、第3シードのブズコバ/ ソリベス=トルモ組はこの日の準々決勝でA・ポタポヴァ/ Y・プチンセワ(カザフスタン)組を6-2, 6-2のストレートで下しベスト4進出を決めた。

準決勝では加藤/ ザン組とブズコバ/ ソリベス=トルモ組が顔を合わせる。

加藤は昨年、A・スーチャディ(インドネシア)とのペアで出場した全仏オープンの女子ダブルス3回戦でボールガールにボールをぶつけてしまい失格処分に。その時の対戦相手がブズコバ/ ソリベス=トルモ組だった。当時は加藤の行動や大会側の対応、そして対戦相手にも注目が集まり大きな騒動となった。

加藤がブズコバ/ ソリベス=トルモ組と対戦するのはこの騒動以来初。決勝進出をかけた次戦は因縁の対決となる。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ発売中
■今ならソックス全員プレゼント>


■関連ニュース

・錦織 圭と大坂 なおみ 五輪出場権獲得
・若手台頭 BIG4時代から転換期
・18歳の本田尚也 ナダルと練習

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月21日7時05分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース