39歳で複通算30勝目達成

ゲッティイメージズ
(左から)ケニンとマテック=サンズ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)は3月31日、ダブルス決勝が行われ、補欠として出場したS・ケニン(アメリカ)/ B・マテック=サンズ(アメリカ)組が第2シードのG・ダブロウスキ(カナダ)/ E・ルートリフ(ニュージーランド)組を4-6,7-6 (7-5),[11-9]の逆転で破り、2月のムバダラ・アブダビ・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード、WTA500)に続き、ペアとして今季2勝目をあげた。

>>【動画】男子シングルス:シナーが優勝した瞬間<<

38歳のマテック=サンズと25歳のケニンが組んだ同ペアは今大会、本戦に欠場選手がでた影響で補欠から繰り上がりで本戦入り。1回戦ではL・キチェノック(ウクライナ)/ J・オスタペンコ(ラトビア)組を下すと、2回戦でO・カラシニコヴァ(ジョージア)/ M・ニクルスク(ルーマニア)組、準々決勝で第1シードのシェ・シュウェイ(台湾)/ E・メルテンス(ベルギー)組、準決勝でS・エラーニ(イタリア)/ J・パオリーニ(イタリア)組を撃破し決勝に進出した。

決勝戦、第1セットを落としたアメリカペアだったが、第2セットは2度のブレークに成功しゲームカウント5-1と大きくリードを広げる。しかしここから2ブレークを許し追いつかれるとタイブレークに突入するなど嫌な展開に。それでもタイブレークでは先に2度のミニブレークに成功すると、そのリードを最後まで守り切りセットカウント1-1に追いついた。

10ポイント制のマッチタイブレークでは先にミニブレークを許したものの、そこから逆転。7-3と大きくリードすると、4度目のマッチポイントを決め切り2時間の接戦を制した。

女子テニス協会のWTA公式サイトには優勝ペアのコメントが掲載されている。

マテック=サンズ「柔軟性と順応性を持ち、その瞬間に集中することが大切で、そうすれば調子が上がろうが、落ち込もうが、うまくいくような気がするわ」

ケニン「私たちは多くの大会で一緒にプレーしてきたし、いつも意気投合してきたわ。ベサニー(マテック=サンズ)は素晴らしいボレーを持っているから、後ろで私が仕事をするのはとても簡単だし、ベサニーの側からも、私がベースラインにいるときにネットでカバーするのは容易であってほしいわ(笑)」

39歳のマテック=サンズにとって今回のタイトルは通算30個目のダブルストロフィーとなった。

[PR]WOWOWオンデマンドでライブ配信!
3/21(木)~4/1(月)「ATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
4/1(月)~4/7(日)「ATPツアー 250 ヒューストン」


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>


■関連ニュース

・ATP・WTAツアー 中国で視聴可能に
・テニス界の重鎮が大谷翔平夫妻と交流
・大坂 4年2ヵ月ぶり国別対抗戦復帰へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年4月1日7時52分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)