シャポ「気持ちが強かった」

ゲッティイメージズ
デニス・シャポバロフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズ(スペイン/マラガ、室内ハード)は大会最終日の27日、カナダvsオーストラリアの決勝が行われ、カナダがオーストラリアを2勝0敗で破り、大会初優勝を飾った。

デビスカップファイナルズはグループステージを勝ち抜いた8チームが争うトーナメント形式の大会で、22日から27日にかけて開催。第1・第2試合はシングルス、第3試合はダブルスが行われる。

初優勝を狙うカナダと2003年以来19年ぶり29度目の優勝を狙うオーストラリアの決勝戦。第1試合ではD・シャポバロフ(カナダ)T・コキナキス(オーストラリア)が対戦。シャポバロフが第1ゲームから4ゲームを連取し始まった第1セット、コキナキスに1度もブレークチャンスを与えず先行する。

続く第2セットでは先に2度のブレークに成功しゲームカウント5-2とリード。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームでブレークバックを許すも、その後のサービスをキープし1時間28分で勝利。6-2, 6-4のストレート勝ちでカナダが先に1勝を挙げる。

王手をかけたカナダは第2戦、F・オジェ アリアシム(カナダ)A・デ ミノー(オーストラリア)と激突。試合を通して8度のブレークポイントを握られたオジェ アリアシムだったが、全て凌ぐとリターンゲームでは2度のブレークに成功し、6-3, 6-4のストレートで勝利した。

これにより、第3戦となるダブルスの試合を行わずして、カナダの優勝が決定した。

デビスカップの公式サイトはシャポバロフのコメントを掲載しており「ジュニアの頃から、ヴァセク(ポスピシル)やM・ラオニッチ(カナダ)D・ネスター(カナダ)が出場するデビスカップを見て、自分も出たいと思っていた。いつか優勝したいと思っていたよ」と語った。

「以前(2019年のスペイン戦)、決勝に進出できたことが役に立った。その時はすべてが新鮮で出場しただけでホッとしていたけど、今回はトロフィーを目指している気持ちが強かった」

【決勝の結果】
カナダ vs. オーストラリア

第1戦 シャポバロフ 6-2, 6-4 コキナキス
第2戦 オジェ アリアシム 6-3, 6-4 デ ミノー
第3戦 オジェ アリアシム/ V・ポスピシル(カナダ) vs. M・パーセル(オーストラリア)/ J・トンプソン(オーストラリア)(勝敗決定のため行わず)




■関連ニュース

・カナダ 豪を破りデ杯初優勝
・ジョコ、デ杯優勝カナダを祝福
・ジョコ撃破のオジェ「良かった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年11月28日10時33分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)