ロシア 15年ぶり3度目のデ杯制覇

ゲッティイメージズ
ロシアテニス連盟
画像提供:ゲッティイメージズ

国別対抗戦のデビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は5日、決勝が行われ、ロシアテニス連盟がクロアチアを2勝0敗で破り、2006年大会以来 15年ぶり3度目の優勝を果たした。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】苦手な片手バックハンド高い打点を克服、利き腕と逆側がコツ??<<

第1試合、世界ランク5位のA・ルブレフ(ロシア)が同279位のB・ゴジョ(クロアチア)を6-4, 7-6 (7-5)のストレートで撃破。ロシアがクロアチアに1勝0敗とリードを奪う。

第2試合では世界ランク2位のD・メドベージェフ(ロシア)と同30位のM・チリッチ(クロアチア)が対戦。7-6, (9-7), 6-2のストレートで破り、ロシアが2勝0敗で優勝を決めた。

この試合の第1セット、第7ゲームでこの試合初のブレークチャンスを掴んだメドベージェフだったが、活かしきれず。直後の第8ゲームではチリッチにブレークチャンスを与えるも凌ぐと、その後はお互いにサービスキープが続きタイブレークに突入。セットポイントを3度握ったメドベージェフが4度のミニブレークに成功し先行する。

第2セットではファーストサービスが入った時に93パーセントの高い確率でポイントを獲得したメドベージェフ。第4ゲームでブレークを奪い3ゲーム連取に成功すると第8ゲームでもブレークに成功。チリッチに1度もブレークチャンスを与えず、1時間29分で勝利した。

デビスカップの公式サイトはメドベージェフのコメントを掲載し「素晴らしい気分だよ。でも、この勝利はチームで分かち合いたい。僕たちには素晴らしいチームがあり、素晴らしい雰囲気がある。その一部になれて、必要な勝利をもたらすことができてうれしい。シーズンの終わりにここに来るのは決して簡単ではないけど、僕のキャリアの中でも最高の時間だった」と語った。

また、今年11月に行われた女子テニスのビリー・ジーン・キング・カップ(BJKカップ) by BNPパリバ・プレーオフ(チェコ/プラハ、室内ハード)でもロシアが優勝しているため、男女で国別対抗戦制覇となった。この偉業を成し遂げたのはアメリカ、オーストラリア、チェコの3カ国のみだったが、ロシアも仲間入りを果たすこととなった。

一方、敗れたクロアチアは3年ぶり3度目の優勝とはならなかった。

[PR]WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織、腰痛で今季終了を発表
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年12月6日7時48分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)