メド破り8強「堅実にできた」

ゲッティイメージズ
グリゴール・ディミトロフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は13日、シングルス4回戦が行われ、第23シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が第1シードのD・メドベージェフ(ロシア)を4-6,6-4,6-3の逆転で破り、大会初のベスト8進出を果たした。試合後には「最終的には非常に堅実なプレーができたと思う」と振り返った。

>>ディミトロフら BNPパリバOP組み合わせ<<

第1セット、メドベージェフにファーストサービスが入ったときに80パーセントの高い確率でポイントを獲得されたディミトロフは1度もブレークを奪えずに先行される。しかし、第2セットでは4度のブレークに成功しセットカウント1-1に追いつく。ファイナルセットでも勢いを落とさなかったディミトロフは2度のブレークに成功し、2時間14分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにディミトロフのコメントを掲載し「彼(メドベージェフ)はとてもタフなプレーヤーであり、ライバルでもある。この1年間、何度か彼と対戦してきたけど、思うようにいかなかった。でも今日はゲームをコントロールできた。それが自分の助けになったと思う」と語った。

「このレベルでプレーする機会を得られたことを嬉しく思う。コートに出られる瞬間に感謝し、謙虚な気持ちでプレーしたいと思っている。自分でコントロールできるのはそれだけだからね」

勝利した準々決勝で第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)と対戦する。フルカチュは4回戦で第19シードのA・カラツェフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には、第2シードのS・チチパス(ギリシャ)、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第11シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)らが8強入りを果たした一方で、第6シードのC・ルード(ノルウェー)は4回戦敗退となった。

[PR]男子テニスATPツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ
10/7(木)~10/17(日)
WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・前週Vフルカチュ 初戦突破
・WB躍進フルカチュ 自己最高位へ
・前週準Vカラツェフは棄権

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキングの8強

(2021年10月14日16時21分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)