世界90位 激闘制し8強入り

ゲッティイメージズ
同大会1回戦でのマルティンコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのバイキング・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTA250)は18日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク90位のT・マルティンコバ(チェコ)が第5シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)を7-6 (7-4),4-6,6-2のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

>>ベレッティーニvsデ ミノー 1ポイント速報<<

この試合、マルティンコバは5本のダブルフォルトを犯すなどサービスの安定しないオスタペンコを攻め立て、タイブレークの末に第1セットを獲得。しかし、第2セットはオスタペンコのサービスが息を吹き返しチャンスをなかなか作れずにいると、ブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれる。

それでも、ファイナルセットでは3本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得したマルティンコバがブレークを与えることなく、2時間21分の激闘を制した。

14日に更新された女子世界ランキングで自己最高となる90位を記録している26歳のマルティンコバは、準々決勝で第4シードのD・カサトキナ(ロシア)と対戦する。カサトキナは2回戦で世界ランク65位のM・コスチュク(ウクライナ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのO・ジャバー(チュニジア)や世界ランク82位のA・ポタポヴァ(ロシア)が8強へ駒を進めた。

[PR]男子テニスATPツアー500 ハレ/ロンドン

WOWOWオンデマンドで配信!
6/14(月)~6/20(日)

ウィンブルドンテニス
6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 ウィンブルドン欠場へ
・元女王ヴィーナスが41歳に
・錦織 2年ぶりの芝「まぁまぁ」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2021年6月19日17時50分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)