ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破

ゲッティイメージズ
(左から)ティームとルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は30日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードのA・ルブレフ(ロシア)が第2シードのD・ティーム(オーストリア)を7-6 (7-5), 6-2のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

>>『銀河特急』- テニスのMUSIC VIDEO【スポット ver.】<<

今季4勝、キャリア6勝をあげている23歳のルブレフは、この試合30本のウィナーを放つ。昨年の同大会覇者であるティームに1度もブレークを許さず、1時間34分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでルブレフのコメントを掲載しており「何も失うものはないという気持ちで臨んだ。今シーズンはすでに素晴らしいものになっているし、ここはもう準々決勝。だから準決勝に行くのはものすごく厳しいと思っていた」と明かした。

「期待は全くしていなかったが、全力で戦いたかった。どの試合もそうだ。そしたら最終的にここまで来れたよ」

準決勝では世界ランク111位のK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。アンダーソンは準々決勝で、第4シードのD・メドヴェデフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝では世界ランク33位のD・エヴァンス(イギリス)、同45位のL・ソネゴ(イタリア)が4強入り。第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)はソネゴに敗れた。

[PR]「男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)~11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織、今季終了を発表
・ルブレフ 躍進きっかけのV特集
・ルブレフ、チチパス破りV

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月31日11時37分)
その他のニュース