加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱

ゲッティイメージズ
(左から)ザンと加藤未唯
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのロスシー・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTA250)は22日、女子ダブルス準決勝が行われ、加藤未唯/ ザン・シュアイ(中国)組が第3シードのM・ブズコバ(チェコ)/ S・ソリベス=トルモ(スペイン)組を6-3, 6-2のストレートで破り決勝進出を果たした。

>>錦織 圭vsナヴォーネ 1ポイント速報<<

>>錦織 圭、フリッツら ロスシー国際組合せ<<

>>ダニエル 太郎、シェルトンら マヨルカ・チャンピオンシップス組合せ<<

加藤は昨年、A・スーチャディ(インドネシア)とのペアで出場した全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)の女子ダブルス3回戦でボールガールにボールをぶつけてしまい失格処分に。この時の対戦相手がブズコバ/ ソリベス=トルモ組だった。当時は加藤の行動や大会側の対応、そして対戦相手にも注目が集まり大きな騒動となった。

加藤がブズコバ/ ソリベス=トルモ組と対戦するのはこの騒動以来初。準決勝は因縁の対決となった。

この試合、加藤/ ザン組はファーストサービス時に82パーセントの確率でポイントを獲得し相手のブレークを1度に抑えると、リターンゲームでは4度のブレークに成功。マッチポイントでは加藤のサービスからザンがボレーを決め、1時間9分で決勝に駒を進めた。

ザンとのペアで約1年越しに雪辱を果たした加藤は、決勝で第1シードのシェ・シュウェイ(台湾)/ E・メルテンス(ベルギー)組と対戦する。シェ/ メルテンス組は準決勝で第4シードのA・ムハンマド(アメリカ)/ スーチャディ組を下しての勝ち上がり。


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・世界1位のまま引退した28歳がプレーへ
・大坂 なおみ、キリオスと混合複出場
・新王者 また異次元ショット「非現実的」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月23日8時49分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)